click to go to homepage
ドレッシングルームでユナイテッドのユニを手にするアレクシス・サンチェス

アレクシス「夢が叶った」

マンチェスター・ユナイテッドとの契約にサイン後、新7番アレクシス・サンチェスがMUTVのスチュワート・ガードナーとのインタビューで、オールド・トラッフォードへの“夢の移籍”について語った…

アレクシス、ようこそ! マンチェスター・ユナイテッドの選手になった気分は?
幼い頃から マンチェスター・ユナイテッドでプレーするのが夢と言い続けてきた。でも、ただ言うのではなくて、今日その夢が叶ったんだ。ユナイテッドでプレーしたいと、子供の頃から常に言ってきた。以前サー・アレックス・ファーガソンにその話をしたことがある。彼とは20分ほど話した。サー・アレックスには マンチェスター・ユナイテッドへの加入が夢と話した。本当に大きなクラブで、とてもパワフル。クラブに加わる機会を得られて、バッジを見たら感情が昂った。イングランドで最大のクラブだからね。

オールド・トラッフォードでは、どんなことを成し遂げられると思う?
このクラブでなら、どんなことだって実現可能だと信じている。このバッジが全てを物語っている。世界規模の、凄く大きなクラブだ。このクラブでプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、全てを勝ち取りたい。クラブの目の前にあるもの全てを勝ち取りたい。

サー・アレックス・ファーガソンが監督だった当時、クラブに加入する機会があったと言いましたね。その時からユナイテッドへの加入を考えていた? そして必ず実現させるという強い気持ちを持っていた?
もちろんさ! クラブの存在、この赤に刺激を受けてきた。自分にとって光り輝く存在だった。これは心からの気持ち。マンチェスター・ユナイテッドでプレーできるなんて、本当に夢が叶ったみたいだ。最高に嬉しい。皆がシアター・オブ・ドリームスと呼ぶこの場所にいられて、とても満足しているよ!

ジョゼ・モウリーニョ監督の存在は大きい?
監督は、クラブにとって僕の加入が重要と言ってくれた。クラブも、僕の加入をケアしてくれたと思っている。クラブは熱心に僕の加入、そして7番のユニホームを受け継ぐことを求めている、という印象を受けた。そういう心は選手に響くものなんだ。選手は、クラブから大事にされて、愛されていると感じることが重要な場合もある。監督の存在と合わせて、クラブの気持ちに引き付けられた。監督はイタリア、スペインで全てを勝ち取った人だ。勝利を求める監督だからね。

7番はユナイテッドでもレジェンドが身に着けた歴史のある番号です。この番号はあなたにとってどれほどのもの?そして、ベスト、カントナ、ベッカム、ロナウドらの系譜を継ぐことをどれだけ誇らしく思っている?
クリスチアーノやカントナ、それにデイヴィッド・ベッカムが着た番号と教えられて、チャンピオンズリーグで優勝する姿や、プレミアリーグのタイトルを獲得する夢を思い浮かべた。僕の頭の中は、これからの夢でいっぱい。全力を尽くして、可能な限り多くのトロフィーをクラブにもたらしたい。

ジョゼは依然、ユナイテッドの団結力、選手たちの繋がりについて、これまでで指導したチームで一番と言っていた。家族同然の関係で繋がっている選手たちの輪に加わることを楽しみにしている?
もちろんさ。ドレッシングルームが家族のような雰囲気になるのは、トロフィーを勝ち取る上でとても大事なことなんだ。スペイン時代にもドレッシングルームの雰囲気が凄く良くて、それでたくさんのタイトルを獲得できた。僕の経験から言って、グループの仲が良いのは本当に重要。それに、クラブは常に補強する必要がある。だからこそ僕は今ここにいる。チームのためにハードに取り組んで、全てを勝ち取れるよう努力する。

新しいチームメートの中で良く知っている選手はいる? たとえば、最近の対戦で立ちはだかったダビド・デ・ヘアのように、特に印象に残っている選手はいる?
まだ個人的に親しくなる機会を得られていないんだ。それに、誰とも時間を過ごしたこともない。ただ、過去に対戦して知ってはいるよ。ダビド・デ・ヘアは、世界でもベストGKの一人。彼からゴールを奪うのは大変。僕からしたら、彼は世界ベストGKだよ。

選手としての長所は?
僕は全てを勝ち取りたい選手で、行動の全てにおいて非常にプロフェッショナル。フットボールをするために生きている。それにフットボールが大好きだ。凄く情熱を傾けていることでもある。日々全力で練習するし、試合後には何が良くて、どの部分を改善させられるかを振り返るようにしている。左サイドや、中央でのプレーが好きだけれど、プレーできるのなら、どのポジションだって対応してみせるよ!

今日は家族や友人にとっても非常にエキサイティングな1日だと思う。家族と友人、それに愛犬のアトムとハンバーをマンチェスターに呼ぶのをどれくらい楽しみにしている?
(笑顔で)アトムとハンバーは僕の友達、子供のような存在で、毎日一緒にいる。疲れて家に帰った時も、気分が下がっている時も、いつだって僕を理解してくれる。試合に勝っても、負けても、傍にいてくれる存在なんだ。いつもの表情で僕を待っていてくれる。彼らが僕を理解して、幸せな気持ちにさせたいと思ってくれているのは、凄く大きい。

ユナイテッドのファーストチーム史上初のチリ出身選手になって、母国での反応はどうなるだろう? チリのファンにメッセージは?
ユナイテッド史上初のチリ出身選手というのは、僕にとって凄く意味のあること。マンチェスター・ユナイテッドでプレーできるなんて、夢が叶うようなものだからね。ただ、自分で評価できないことでもある。未だに、生まれ育った街のストリートで、仲間と一緒にプレーしている気がするくらい。試合が好きなんだ。僕は、ソーシャルメディアや、周りのことにあまり関心を示さない。フットボールを楽しくプレーできるように努力しているだけ。母にも「自分が一番大好きなフットボールを楽しみなさい」って、いつも言われてきたからね。

今回の移籍は、チリで大きな話題になった?
チリの人は、僕に関心を持ってくれていると思う。愛情をもって接してもらえて嬉しいね。ユナイテッド史上初のチリ出身選手というのは、凄いこと。僕にとって凄く意味のあることだから、母国で大きな関心事になると良いね。

世界中のマンチェスター・ユナイテッドファンにメッセージはある?
(笑顔で)アレクシス・サンチェスがやってきたぜ! 彼はプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、全てのトロフィーを勝ち取りたくて飢えている。ユナイテッドファンの皆、アレクシス・サンチェスのプレーを楽しみにしていてくれよ!(親指を立てて)またね!