click to go to homepage
サンチェス

アレクシス「ユナイテッドは違う」

Share With

マンチェスター・ユナイテッドは日曜にアーセナルと対戦する。古巣との再会を前にアレクシス・サンチェスがモチベーションを語った。

アレクシスは、先週土曜のエミレーツFAカップ、準決勝のトッテナム・ホットスパー戦でのパフォーマンスは、これまで14試合プレーした中で「パーフェクト」の出来だったと満足している。

この試合でのマン・オブ・ザ・マッチ級のパフォーマンスは、1月にガナーズから移籍して以来、彼が順調にレッズに順応していることを示していた。しかしいまだに、2つのクラブの違う部分で慣れなければならないことがあると感じていると、アレクシスは話す。

FAカップ準決勝ハイライト動画

「ここでは色々なことが違う」とMUTVに話したアレクシス。「ユナイテッドはより歴史のあるクラブで、僕らは来シーズン、トロフィを勝ち取ることを目標にしている」

「そのためには常に成長を続ける必要がある。ユナイテッドはビッグクラブだ。僕もまだ完全には順応できていない。来シーズンは、自分が持てる力をすべて発揮できるよう願っている。そしてすべてのトロフィを手にいれたい」

 

ジョゼ・モウリーニョは、ベストなアレクシスを見られるのは来シーズンになってからだと話している。ウェンブリー・スタジアムでの彼の勤勉なパフォーマンスからは、数ヶ月後に彼から期待できるものを予想できる。

29歳のチリ人FWは、来月、FAカップ決勝戦のチェルシー戦で、ふたたびウェンブリー・スタジアムでプレーすることを心待ちにしていることだろう。アレクシスはこの国立スタジアムで、これまで8ゴールを挙げている。スパーズを破ったのもそのひとつだ。

 

アレクシス・サンチェス 言う

「ウェンブリーは僕にとってゲンの良い場所。ここでは毎回ゴールを決めている」

「ウェンブリーでは毎回ゴールを決めている!あの場所で、代表やアーセナルでいくつかのトロフィを勝ち取った。ウェンブリーは僕にとってゲンが良い場所なのさ」

「決勝戦に到達できたことをみんな本当に喜んでいる。土曜の試合は、僕がユナイテッドに入団してからおそらく一番パーフェクトな出来だった。この先にも期待がもてるよ」