click to go to homepage
マルシャル

マルシャルが仏代表から離脱

来るオランダ戦とウルグアイ戦に臨むフランス代表のメンバーに招集されていたアントニー・マルシャルだが、大腿部の負傷のため離脱することとなった。

マンチェスター・ユナイテッドのフランス人FWは、クラブでの活躍が評価され、今年3月以来8カ月ぶりに代表メンバーに招集された。

ディディエ・デシャン監督率いるフランスは、UEFAネーションズリーグ最終戦でロナルド・クーマン監督のオランダと金曜夜にロッテルダムで対戦、その後火曜日にパリ郊外のスタッド・ド・フランスでウルグアイと親善試合を行う。

マルシャル
マルシャルのフランス代表での唯一のゴールは、フランスが3-1で勝利をおさめた2016年のイタリア戦

2015年にA代表にデビューしたマルシャルは、これまで18代表キャップを獲得し1得点をマーク。自国開催の2016年の欧州選手権のメンバーには選出されたが、その後は今年3月27日のロシア戦(アウェー)以来代表から遠ざかっていた。

マルシャルはすでにフランス代表に合流していたが、キャンプ中に負傷が確認された。同胞のポール・ポグバも、負傷により日曜のマンチェスター・ダービーを欠場している(3-1でシティーが勝利)。

マルシャルとポグバの欠場に伴い、トッテナムのMFムッサ・シソコとボルシア・メンヘングラッドバッハのアラサン・プレアが追加招集された。

代表招集にふさわしいマルシャルの活躍

ここ最近ユナイテッドで目を見張る活躍ぶりだったマルシャルの代表招集は極めて順当だっただけに、今回の離脱は残念な結果だ。

日曜のマンチェスター・ダービーでもPKを決め、プレミアリーグでは5戦連続で得点している。全コンペティション合わせて直近の7試合に先発出場し、そのうち4試合はフル出場している。

アントニーは現在7ゴールでユナイテッドの最多得点者でもある。プレミアリーグでは6得点をあげているが、ここまでで彼より多くのゴールを決めているのはセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティー)、ピエール・エメリック・オーバメヤン(アーセナル)、エデン・アザール(チェルシー)の3人しかいない。

ファンがそのマルシャルの活躍を見過ごすはずもなく、10月の月間MVPにも選出された。

アントニーの招集についてフランス代表のデシャン監督は、

「彼には底知れない可能性がある。しかしそれを継続的に発揮することができていない。ここ最近マンチェスターで見せているものは、彼の持てる能力に限りなく近い姿だろう」と話した。

「彼はまだ若いが、この数週間は、マンチェスターにおいて重大な責任を負ってプレーしていた」

マルシャル
レッズのフランス人コンビ、マルシャルとポグバは、ピッチ上でも絶妙なコンビネーションを見せている

ポグバの招集は「不可能」

一方、ポグバについては、ジョゼ・モウリーニョは日曜の時点でフランス代表参加は「不可能」だと話していた。ポグバはユナイテッドが2-1で勝利をおさめた先週のユヴェントス戦で、軽い打ち身を負っていた。

「(クリスタル・パレス戦に間に合うかは)様子を見る必要がある。しかし代表戦は無理だ。パレス戦、そしてヤングボーイズ戦に戻ることができればありがたい。チャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出するためには、ヤングボーイズ戦では勝ち点3を取る必要がある」とモウリーニョはスカイスポーツに話している。

ユナイテッドの次戦、11月24日のパレス戦に間に合うようマルシャルとポグバが早期回復することを願って。

「今回のブレークはチーム分析のためのもの」 article

マタがブログを更新。ユヴェントス、ダービーについて綴った。

トップ4の可能性について言及 article

モウリーニョ監督は、今季の目標がトップ4入りとシティー戦後に語った。

ダービーを総括 article

モウリーニョ監督が、敵地で敗れたシティー戦を振り返った。