click to go to homepage
バレンシア

アントニオ・バレンシアの10年をプレーバック

現役引退したマイケル・キャリックからマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンマークを受け継いだアントニオ・バレンシアは、現在のチームでもっとも在籍年数が長い選手になった。

2018-19シーズンは、オールド・トラッフォードでの10シーズン目にあたる。本人が、各シーズンを写真とともに振り返った…
2009-10:ユナイテッドと契約
アントニオ・バレンシア 言う

緊張したのを覚えている。ミスター・ファーガソンの隣に立ったし、最初の練習だったからね。すごく緊張した。

2010-11深刻なケガ
アントニオ・バレンシア 言う

左足首を骨折した瞬間。腕に娘の名前のタトゥーを入れていて、ピッチを去った時に見ていた。娘がスタジアムで試合を見ていたからね。

2011-12クラブ年間賞総なめ
アントニオ・バレンシア 言う

2012年にサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞を受賞した。他のクラブ年間賞も受賞できて、非常に嬉しかった。良い思い出だよ。

2012-13:20回目のリーグ優勝
アントニオ・バレンシア 言う

サー・アレックスにとって最後のシーズンにプレミアリーグ優勝を果たせた。僕にとって、ユナイテッドで獲得した2つ目のトロフィーだったから、とても嬉しかったね。

2013-14:素晴らしいパフォーマンス
アントニオ・バレンシア 言う

逆転勝利したオリンピアコスとの試合で、僕は対戦相手の頭が目に入ってしまって、それからは片目しか見えない状態だった。

2014-15;フアンフィールド
アントニオ・バレンシア 言う

アンフィールドでリヴァプールに勝てた。非常にハードな試合だったけれど、チームは良いプレーができた。この試合のボールを持ち帰ったよ。

2015-16:FAカップ優勝
アントニオ・バレンシア 言う

ルイ・ファン・ハールが監督だった時代にFAカップ優勝を果たせた。しばらくユナイテッドが勝てていなかった大会だったから、クリスタル・パレスに勝てて良かった。

2016-17:ストックホルムでの栄光
アントニオ・バレンシア 言う

ヨーロッパリーグ優勝後のシーン。絶対に勝ちたかった試合。決勝に2-0で勝って、トロフィーを獲得できた。

2017-18:ストーク戦でのロケット砲
アントニオ・バレンシア 言う

ユナイテッドで初めて左足で決めたゴール。ストーク戦にも勝てたから嬉しかった。結果を残せて良かった。

2018-19:キャプテンの誇り
アントニオ・バレンシア 言う

アメリカでのプレシーズンでユナイテッドのキャプテンを務めた。誇らしい気持ちでチームを引っ張ったよ。