click to go to homepage
監督

監督がミラン戦を総括

PK戦の末(9-8)でACミランに勝利したインターナショナル・チャンピオンズカップ初戦後、ジョゼ・モウリーニョ監督がMUTVに試合総括を語った。

監督はPK戦を「面白かった」と話し、選手たちのパフォーマンスを称えた。

満足のいくパフォーマンス

PKはファン、アメリカのファンにとって面白かっただろうね。今日のような状況は、皆が大好きだ。我々にとっては、今日の試合が重要だった。試合のインテンシティ、難易度、普段とは異なるシステムでのプレーが重要だった。簡単ではないシステムだったのでね。選手は、個人としても良いパフォーマンスだったし、チームとしてはさらに良かった。負けたくはないものだし、可能な限り最高の結果を得たいので、フル出場させてしまった選手もいた。この時期としてはベストなことではないのだがね。

PK戦の末に勝利 article

PK戦の末にユナイテッドが勝利

アレクシスの高ぶる気持ち

彼はハングリーな気持ちで、フットボールをしたいという気持ちでチームに合流した。Aonトレーニングコンプレックスでの最初のセッションから素晴らしい。情熱を持って取り組んでいる。フィジカル面の鍛錬も熱心にやっていて、(試合でも)非常に良かった。60分、65分を過ぎてからは体力が落ちてきたのも目に見えたかもしれないが、フル出場は彼が望んだことでもあった。

PK戦

面白かった。私とガットゥーゾだけだったかもしれないがね。面白かった。一度もPKを蹴ったことがない選手にとっても良かっただろう。プレッシャーを受ける状況がどういうものか経験できて良かった。バレンシアが負傷し、マティッチの状態がもっと悪い中で、ミランのベストチームと対戦でき、今日のようなプレーができたのは今のチームにとって重要だった。今日より良い結果を残せていたかもしれない。良い試合だった。

関連キーワード