click to go to homepage
アーセン・ヴェンゲルとジョゼ・モウリーニョ

ライバルに送る賛辞

Share With

ジョゼ・モウリーニョ監督は、アーセン・ヴェンゲル監督が今季終了後にアーセナル指揮官を退任するという報せを聞き、長きにわたり鎬を削り合ったライバルへのリスペクトを示し、今後もフットボール界に残って欲しいとエールを送った。

4月20日(金)、ヴェンゲル監督は今季終了後にガナーズでの22年間に区切りをつけることを発表。この直後から、ヴェンゲル監督の功績を称える声が鳴り止んでいない。

トッテナム・ホットスパーとのエミレーツFAカップ準決勝前日の会見に出席したモウリーニョ監督は、ヴェンゲル監督退任の報せについて、こう述べた。

「私は常に、対戦相手の幸運を願っている。もし彼が今回の決断に納得しているのなら、今後の人生における次のチャプターを楽しみにしているのなら、私も嬉しい。もし彼が悲しみを感じているのなら、私も悲しく思う」

「言うならば、アーセナルはサー・アレックスの時代にクラブの最大のライバルだったチームだ。クラブとして、ミスター・ヴェンゲルに相応しいリスペクトの念を示す」

「彼の功績は理解している。プレミアリーグ優勝3回、FAカップ優勝7回だけにとどまらない。日本、フランスでの成功、彼がフランスのフットボールにもたらしたもの、アーセナルにもたらしたもの。プレミアリーグで優勝を逃した時期であっても、クラブの転換期、スタジアムの移転、その全てが功績だ」

「繰り返しになるが、彼が決断に満足しているのなら、私も嬉しい。彼にはフットボール界から去ってもらいたくはない」

「私は常に、対戦相手の幸運を願っている。もし彼が今回の決断に納得しているのなら、今後の人生における次のチャプターを楽しみにしているのなら、私も嬉しい。もし彼が悲しみを感じているのなら、私も悲しく思う」

「言うならば、アーセナルはサー・アレックスの時代にクラブの最大のライバルだったチームだ。クラブとして、ミスター・ヴェンゲルに相応しいリスペクトの念を示す」

「彼の功績は理解している。プレミアリーグ優勝3回、FAカップ優勝7回だけにとどまらない。日本、フランスでの成功、彼がフランスのフットボールにもたらしたもの、アーセナルにもたらしたもの。プレミアリーグで優勝を逃した時期であっても、クラブの転換期、スタジアムの移転、その全てが功績だ」

「繰り返しになるが、彼が決断に満足しているのなら、私も嬉しい。彼にはフットボール界から去ってもらいたくはない」

タッチラインから指示を送るヴェンゲル監督とモウリーニョ監督
2004-05シーズンに初めて対峙した両雄

「力のぶつかり合いであり、質のぶつかり合いであり、野心のぶつかり合いだが、同じ世界ン人間同士だ。互いに尊敬試合、お互いのキャリアを尊重し合う。だから後悔云々の話ではないんだ」

「過去のことは過去のこと。大事なのは、私がヴェンゲル氏を尊敬していること。私はプロとしての姿勢、キャリアをリスペクトする。常に言っていることだ。記憶は長続きしないが、真のフットボール人は忘れない。私が忘れることもない」