click to go to homepage
モウリーニョ監督

監督「素晴らしい試合」

ジョゼ・モウリーニョ監督は、逆転勝利を収めたクリスタル・パレス戦を「素晴らしい試合」、「非常に重要な勝利」と形容した。

マンチェスター・ユナイテッドは、2-0の状態から後半に3点を決めて3-2で勝利。ネマニャ・マティッチが後半追加タイムにユナイテッド初ゴールを叩き込み、劇的な形で勝利を収めた。

2-1で勝利したオールド・トラッフォードでのチェルシー戦に続いて、ユナイテッドは2試合連続の逆転勝利。試合後、Sky Sportsとのインタビューで監督が語った主な内容は以下の通り…

常に勝てると信じている
パレスは祝福されるに値する。今日のような試合は、両チームが良いプレーをした場合に限る。もっとも、試合のインテンシティを保ったレフェリーを加えれば3者による試合だったとも言えるね。チームが多くのミスを犯したことで難しい試合になった。後半は良いプレーができたが、守備のミスが多かった。今日のような形で組織が崩れるのは好きではない。それでも素晴らしい試合になり、我々にとって非常に重要な勝利になった。2点目を決められて、より厳しい試合になったが、クリス・スモーリングの得点が非常に重要だった。私は常に勝てると信じている。それは私が引退するまで変わらない。その度合いは日によるが、スモーリングのゴールが決まった後、逆転は可能と思った。

選手たちが素晴らしい姿勢を維持
恥ずべき、子供じみた2失点目が全てを変えた。だが、選手たちは素晴らしい姿勢を維持し続けた。フアン・マタはインサイドにスペースを見つけ、マーカス・ラッシュフォードは左サイドで相手の右サイドバックを引きずり出して中央にスペースを作った。試合終了直前に逆転するような試合では、ちょっとした運が必要になる。

ハーフタイムの指示
ハーフタイム中に選手たちに伝えたことの半分は放送禁止用語なので言えないね。しかし、大半は戦術的なことだった。2-0の状態から、しかも勝ち点を必死で取りに来る相手とのアウェイゲームで逆転できたのは最高の気分だ。

マティッチのゴールで逆転
初ゴールが逆転弾

パレスの監督を称賛
ロイ・ホジソン監督は称賛されるべきだ。彼のゲームプランはアグレッシブで、力強かった。しっかりと意図があった。それに、どのタイミングでダイレクトなプレーを仕掛けるべきかを理解していた。ホジソン監督は非常に上手かった。本来なら勝利チームの監督が称えられるべきだろうが、ロイにこそ相応しい。

勝利に安堵
2位でシーズンを終えたいが、トップ4フィニッシュという重圧も相当ある。これで少しは眠れる。2-0の状態を考えれば、今夜は勝ち点1でも良かったかもしれない。