click to go to homepage
マタ

マタ「今回のブレークはチーム分析のためのもの」

やぁ、みんな。今年最後のインターナショナルブレークを迎えるにあたって、いろいろな感情が入り混じっている。

残念ながら、それは非常に対照的なもの。トリノからホームに戻って来た時は、ハッピーで、ポジティブだった。それがマンチェスターダービー後は、真逆になってしまった。

この敗戦を受け入れるのは簡単ではない。特別な試合だし、ファンのみんなが待っていてくれた一戦だからだ。

チャンスはあったし、戦った。でも(マンチェスター・シティーは)僕たちよりも良いパフォーマンスをした。彼らを称えるしかない。それは別として、次のダービーでは異なる結果を残せるように、これからレベルアップに努める。

マタ
フアンは、今季2度目のダービーに向け努力を続けると綴った。

ユヴェントス戦では勝利を収められた。それは非常に重要で、チャンピオンズリーグのノックアウトステージ進出に前進した。

グループステージはタフで、まだ何も約束されていない。それでもトリノで勝てたことで、通過できるかは、インターナショナルブレーク後の2試合の結果次第ということになった。

この時期は、機能していること、レベルアップが必要な部分を分析するためにある。これから年末まで続く試合を最高の状態で迎えるためにもね。

みんなも良い1週間を。

それじゃぁ、また。

フアン

マタのブログ全文は、こちらから。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

シティー 3-1 ユナイテッド article

今回のダービーを制したのはマンチェスター・シティー。

ダービーを総括 article

モウリーニョ監督が、敵地で敗れたシティー戦を振り返った。

トップ4の可能性について言及 article

モウリーニョ監督は、今季の目標がトップ4入りとシティー戦後に語った。