click to go to homepage
マタ

マタ:ファンのみんなは10点満点

やあみんな! 今日これを書いている間も、土曜のスタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦のイメージがいきいきと蘇ってくる。と同時に、チャンピオンズリーグのユヴェントス戦は目前だぞ、という気持ちも湧き上がってくる。

土曜の試合は特別だった。チェルシーファンには、感謝してもしつくせない。彼らと対戦するときはいつでも、僕に温かい声援を送ってくれる。本当に信じられないような気持ちになるよ。ものすごくハッピーだし、誇りと感謝の思いが入り混じった気持ちだ。

それにピッチ上で繰り広げられたゲームもエキサイティングだった。最後はちょっと苦い思いで終えることになったけれどね。ほとんど3ポイントを奪いかけていたのに、逃してしまったんだから。

でも、チェルシーの本拠地で、ビハインドの展開から挽回したことはものすごく価値のあることだ。彼らが今シーズン絶好調であることを考えてもね。

ユナイテッド
スタンフォード・ブリッジに好戦したユナイテッド

僕らはスコアをひっくり返して、勝ち点3まであと一歩のところまで迫った。そうなっていればものすごく貴重な結果を得られていたわけだけれど、でも僕はポジティブな点にフォーカスしたい。あの試合では、見事なファイティングスピリッツと、僕らのチームの個性が発揮されていた。ロンドンまで応援に来てくれたファンのみんなの後押しも素晴らしかった。いつものように、彼らは10点満点だったよ!個人的にも思い入れの強い試合だったし、結果も、アウェーだったことを考えれば、そこまで悪かったわけではないしね。

明日はまた、ビッグマッチが待っている。ユヴェントスとの対戦には期待も盛り上がっている。その期待にパフォーマンスで応えたいと僕らは願っているよ。彼らはたしかに相当な強敵だけれど、オールド・トラッフォードでなら、きっとマジカルなことが起きるだろうからね。

みんなも素晴らしい1週間を!ハグ。

フアン

フアンのブログ全文はこちらから。

チェルシー時代にユヴェントスと対戦したときのフアン・マタ
チェルシー時代にユヴェントスと対戦したときのフアン・マタ

マンチェスター・ユナイテッドの公式アプリでは、ManUtd.comには掲載されないニュースも盛りだくさん。まだゲットしていない人はこちらから

MOMはマルシャル article

スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦で2ゴールを決めたアントニー・マルシャルがユナイテッドのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

チェルシー戦を総括 article

2-2のドローに終わったスタンフォード・ブリッジでの一戦を、監督が振り返った。

チェルシー 2-2 ユナイテッド article

スタンフォード・ブリッジでの一戦は、後半にビハインドから逆転に成功するも、終了間際に失点し、勝ち点を分け合う結果に。