click to go to homepage
ショー

アピールに燃えるルーク・ショー

マンチェスター・ユナイテッドDFのルーク・ショーは、新シーズン開幕前に与えられるチャンスを生かすため、引き続きハードなトレーニングを続けている。

他のチームメートと同様、23歳のショーは、この夏ドバイで自主トレを実施した。

ここ数年はケガに泣かされたため、ショーは失ってしまった時間を取り戻そうとしている。水曜の会見に出席した際にも、シーズン開幕からベストな状態を見せたいと語った。

「ここ数年を振り返ると、結果を残せなかった。足を骨折したシーズンが、ユナイテッドで最高の状態だったと思う。とても良い感じだったからね。だからこそ、ケガをしてしまって残念だった」

ショー
今季の再起に燃えるルーク・ショー

「もう一度、自分の力を証明する必要があると言うのは辛い。でも、自分の力はわかっている。だから今もここにいるんだ。監督も同じ考えだと思う。監督が僕を信じていなかったら、自分はここにいない。監督とは良い話もできているから、シーズンが楽しみ。自分のベストを取り戻したい」

「(ドバイでの自主トレは)予定していたものだった。数年前にもアドナン(ヤヌザイ)とシーズン前に一緒に行って、最高の状態に感じられた。自分に必要だったことだね。ここ数年は、適切な形でプレシーズンを送れていなかったから」

「1年前はケガをしていて、リハビリを続けていた。今年はプレシーズンをフルに使えている。今はすべてが良い方向に進んでいるね。これからも続けないといけない。シーズン中も良い状態を維持して、どうして自分がこのチームの一員かを証明しないといけない」

ジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップに出場した選手が今後数週間は出場できないため、ツアーに参加している全員に出場機会を与えることを約束。ショーは、与えられるチャンスを最大限に生かすことに集中している。

「チャンスは自分にだけ与えられるものではなくて、全員に与えらえる。僕はそう考えているよ。一生懸命に練習して、試合になれば監督にアピールしたい。これからの5試合はコンディションを上げることが目的だけれど、監督のチームに相応しい選手であることを見せたい。プレシーズン期間中だけではなくて、全員が戻ってきて、彼らのコンディションが万全になっても、自分の力を証明したい。チームシートの上に自分の名前を載せたいんだ。今後数週間は、特に監督に実力をアピールする機会になる」

ショー
昨季のショー