click to go to homepage
ポグバ

フランス代表のポグバが決勝進出

サンクトペテルブルクで行われた準決勝戦で、フランスはマルアン・フェライニとロメル・ルカクのいるベルギーを1-0で破り、マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバは日曜、ワールドカップ決勝戦に挑む。対戦相手は、レッズのチームメイトが4人いるイングランドになる可能性もある。

前半戦は、ベルギーはトビー・アルデルヴァイレルト、フランスはバンジャマン・パヴァールのシュートなど、両者ともに惜しいチャンスはあったが決めきれず、0-0で終了した。

しかし51分、スコアが動いた。

サミュエル・ウムティティがフェライニの前に入り込み、コーナーキックをパワフルなヘディングシュートで押し込んだ。

この日も先発出場したポグバは、エンゴロ・カンテ、ブレイズ・マテュイディとともに強力な中盤トリオを形成。とくにリードを奪ってからは、力強いパフォーマンスで圧倒した。

今大会これまで4得点を挙げているルカクは、前戦のブラジル戦でも目を見張る活躍を見せたが、この試合ではボールに触れる機会も限られ、88分のケヴィン・デ・ブライネからのクロスにも対応しきれなかった。

フェライニとルカクは土曜の3位決定戦に挑む。そしてポグバは日曜、彼のこれまでのキャリアでおそらく最大のハイライトである、ワールドカップ決勝戦に挑む。

BBCでのリオ・ファーディナンドの解説より

「今回の大会では、セットプレーが決定機になった試合が多い。そしてその重要性は、この試合でも明らかになった。キリアン・エムバペも素晴らしかったが、ポグバは、なぜ自分にそれだけの価値があるかを十分に証明してみせた。規律を重んじた彼のプレーからは、成熟さがうかがえた。それはこの試合だけでなく、大会を通してだ。彼はどんどん成長を続けている。彼は紛れもなく、この試合で最高のミッドフィールダーだった」

フランス
フランス代表は日曜の決勝戦に勝利するだろうか?