click to go to homepage
マット・バズビー

マンチェスターは天国

マンチェスター・ユナイテッドへの情熱は、クラブをサポートする上で欠かせない。

そこに監督と選手も共有しているクラブへの愛情が合わされば、この上ないほど力強い。

そこで、今回は過去にオールド・トラッフォードで足跡を残した選手、監督の名言を振り返りたい。

サー・マット・バズビー 言う

私はマンチェスター・ユナイテッドをどのチームの後ろにもつかせたくはない。いつだってベストな順位が相応しいからだ。

サー・アレックス・ファーガソン 言う

サー・マット・バズビーの姿を追うことができるのは、私にとって特権だ。なぜなら、やるべきことはトライすることと、彼が何年も前に作り上げた基準を維持することだけだからだ。

ブライアン・ロブソン 言う

マンチェスター・ユナイテッドでプレーするのは大きな責任が伴う。しかし、試練に立ち向かわなければならない。

言う

自分の哲学は、マンチェスター・ユナイテッドの哲学である情熱、スピード、テンポ、勇敢さ、想像力にある。ハードワークしつつ、それを楽しまないといけない。楽しめれば、より自分を表現できる。

エリック・カントナ 言う

マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブを探し続けていた。ユナイテッドは偉大なクラブであると同時に、難しい場所でもある。いつだって勝つチャンスがあるのだから偉大なクラブで、常に勝たなければいけないからこその難しさが共存しているんだ。

サー・マット・バズビー 言う

マンチェスターは私にとって天国だ。

ロイ・キーン 言う

マンチェスター・ユナイテッドでの日々は、私の人生にとって最高の時間だった。チームメートも素晴らしく、トロフィーを勝ち取ることができた。

ガリー・ネヴィル 言う

5歳か10歳の頃に初めてグラウンドに出れば、素晴らしいスタジアムで赤いシャツを着て走るチームの虜になってしまうもの。それがクラブに引き付けられる理由で、「一生夢中になってしまう」と思い込んでしまう。

ネマニャ・ヴィディッチ 言う

ユナイテッドでプレーできるということは、優れた選手であることの証明。マンチェスター・ユナイテッドはそれだけの存在なんだ。僕たち全員がオールド・トラッフォードでプレーできることを非常に嬉しく思う。それが僕たちの特権。

ロビン・ファン・ペルシー 言う

僕はフットボールを愛している。マンチェスター・ユナイテッドはフットボールに力を与えてくれる。僕は、難しい決断を迫られた時には、いつも自分の声に耳を傾けている。自分の中のリトル・ファン・ペルシーが求めていたのは、マンチェスター・ユナイテッドだった。

サー・マット・バズビー 言う

マンチェスター・ユナイテッドでは完璧さを追い求める。そこにたどり着けなかったら、優れた結果だけで満足しないといけないのかもしれない。

関連キーワード