click to go to homepage
ドバイに向け出発したユナイテッドの選手たち

ドバイでのキャンプに出発

マンチェスター・ユナイテッドの選手、ジョゼ・モウリーニョ監督は、過密日程が一段落した今週、温かい土地でトレーニングキャンプを行なうため、8日(月)ドバイに出発した。

ユナイテッドは、負傷者や出場停止処分を受けた選手もあったが、14日で5試合という過密日程を終えた。1月15日(月)のストーク・シティー戦まで1週間の時間ができたことで、モウリーニョ監督は、環境を変えることで選手たちの気持ちをリフレッシュさせようと、中東でのミニキャンプの実施を決定。MUTVとのインタビューでは、キャンプ中に戦術練習をしつつ、主に休養に時間を充てたいと語った。

「回復も必要だが、練習時間も必要だ。過密日程時期には、取り組みたかった細かなディテールを含む練習を行なう時間も欲しい」

「主には試合、遠征での疲れを癒すためのキャンプになる。忙しくせず、次の試合に向けた準備をしたい。良い時間を過ごして、けがをしている選手や、疲労が溜まっている選手が回復できれば良い。それと同時に、シーズン後半戦に向けて戦術練習も行えれば良い」
ドバイに向かう選手たち

関連キーワード