click to go to homepage
ロホ

ロホ「4年前の借りは返す」

Share With

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、マルコス・ロホは、4年前の大会でのアルゼンチン代表の苦い経験の雪辱を、今大会で晴らすと誓った。

ロホはブラジル大会ではアルゼンチン代表とともに決勝戦に進出。しかしここでドイツに1-0で敗れた。試合は延長戦にも及ぶタイトな争いとなったが、マリオ・ゲッツェの唯一の得点でドイツが制した。

セルヒオ・ロメロが膝の負傷で欠場となり、ホルヘ・サンパオリ監督率いるアルゼンチン代表でプレーするレッズはロホ一人となったが、ロホは、彼自身、そしてチームメイトは、今大会では前回よりもさらに一歩先を目指し、1978年大会、そして1986年大会での栄光を再現するつもりだと決意を語った。

「アルゼンチン人にとって、このシャツを着ることの意味はとてもつもなく大きい。僕らはみな、このシャツの重みを十分に自覚している。そしてこのシャツに恥じないプレーをするつもりだ」とInside United誌に語ったロホ。

マルコス・ロホ、アルゼンチン代表としてのプレーすることについて 言う

「代表ユニホームを着る意味は理解しているし、このカラーを守っているつもりでいる。代表ユニを着るときには全力を尽くす。前回大会の借りを返したい」

「これに袖を通したら、僕らは持てる力を全部出し尽くす。そして4年前の借りを返す。ファンのみんなが、ふたたびトロフィ-を勝ち取る喜びに浸れるために、僕らはできることはすべてやるつもりだ」

本戦前に残るテストマッチは、土曜のイスラエル戦のみだ。その後はロシアに赴き、アルビセレステはグループDで戦う。予選では、エクアドル戦でリオネル・メッシがハットトリックを決める活躍でようやく本戦出場を決定するなどやや苦戦した。

トリビア
言う

マルコス・ロホが現在までに代表で決めている2ゴール中初ゴールは、2014年のワールドカップでの得点。ロホは、3-2で勝利したナイジェリアとのグループステージ戦で決勝点をあげた。

「またナイジェリアと対戦することになった!彼らと当たるのはこれで3回か4回目じゃないかな。厳しいグループだ。クロアチアとアイスランドもいるからね。リオネル・メッシが絶好調で、僕らのためにまたやってくれることを期待しているよ」。