click to go to homepage
マルシャル

ボーンマス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、後半に交代出場したマーカス・ラッシュフォードが後半追加タイムに決勝ゴールを決め、バイタリティー・スタジアムでボーンマスに2-1で勝利した。

先制されたユナイテッドは、前半終了10分前にアントニー・マルシャルの得点により試合を振り出しに戻すと、3日前に21歳の誕生日を迎えたラッシュフォードのゴールで勝ち点3を獲得した。

ユナイテッドは、これでプレミアリーグ4試合負けなし。後半にはアシュリー・ヤングのフリーキックがポストに嫌われ、セカンドボールをブロックまたはクリアーされる惜しい場面を作った甲斐があった。

試合前には、先週末レスター・シティーでのヘリコプター事故での犠牲者に哀悼を捧げる意味と、戦没者慰霊記念日前の試合ということで、黙祷が捧げられた。

まずチャンスを作ったのはホームのボーンマスで、トレードマークであるカウンターアタックから活路を見出し、ライアン・フレイザーがシュートも、ダビド・デ・ヘアが防ぐ。

その直後には、ユナイテッドが攻撃の形を感じさせるプレーを見せる。ポール・ポグバが、ボーンマスの守備陣の背後を取ろうとしたアレクシス・サンチェスにパスを通そうとしたが、サイモン・フランシスにクリアーされてしまう。

より危険なプレーを見せていたのはホームのボーンマス。カラム・ウィルソンとジュニア・スタニスラスがエリア内でチャンスを作った。まずはウィルソンのシュートがデ・ヘアに弾かれ、スタニスラスのシュートはディフレクトして枠を外れる。

このプレーでコーナーキックを獲得したボーンマスは、一度クリアーされてから先制に成功。低いクロスに好調のウィルソンが合わせ、試合が動き始める。

失点してからもボーンマスの猛攻は止まらず、ユナイテッド守備陣がプレッシャーを受け続ける展開に。ゴール前で混み合った状況から抜け出したアダム・スミスがシュートも枠外。続けてデイヴィッド・ブルックスがペナルティエリア内でヘディングを狙い、背後から詰めていたルーク・ショーと接触したが、主審のポール・ティアニーはPKというジャッジを下さなかった。

前半の大半を追う形で進めたユナイテッドは、ハーフタイムまで10分としたところで同点に追いつく。アレクシスからのクロスをノーマークの位置で受けたマルシャルが蹴り込み、1-1に。マルシャルはプレミアリーグ直近4試合で5ゴール目を記録した。

マルシャル
同点ゴールを決めたマルシャル

後半開始から攻撃モードを維持したのはユナイテッドだったが、チャンスを作ったのは、またもやボーンマスだった。ボックス内でブルックスに洒落たフリックを許したものの、デ・ヘアが回収し、事なきを得た。

するとユナイテッドが反撃を開始。前半に同点ゴールを決めたマルシャルが、フアン・マタからのスルーパス反応。続けてショーとアレクシスもシュートを放ったが、アスミール・ベゴヴィッチに防がれてしまう。

攻撃の手を休めないユナイテッドは、ヤングがボックス手前でスタニスラスに倒されてフリーキックを獲得。これをヤングが蹴り、直接狙うも枠にヒット。セカンドボールにラッシュフォードがシュートで反応するが、ネイサン・アケにブロックされ、さらにはポグバも詰めたが、ブルックスにクリアーされた。

アケは、アンデル・エレーラのクロスへの対応を誤りあわやのシーンを作ったが、ベゴヴィッチに救われた。

ボーンマスは、ブルックスがデ・ヘアと1対1の状況を作り出すが、ユナイテッドの守護神がセーブ。

後半の追加タイムが4分と表示され、試合は佳境を迎える。終了直前、ポグバが左サイドから強く、低いクロスをゴール前に送ると、これを受けたラッシュフォードが今度は冷静に蹴り込み、敵地まで遠征したファンも大興奮。このまま逃げ切り、大きな勝ち点3を獲得している。

試合情報

ボーンマス:ベゴヴィッチ、スミス、アケ、Sクック、フランシス、フレイザー(74分にアイブと交代)、レルマ、Lクック(68分にゴスリングと交代)、スタニスラス(91分にサーマンと交代)、ブルックス、ウィルソン

出場機会のなかったサブ:ボルツ、ダニエルズ、ムセ、デフォー

イエローカード:レルマ、スタニスラス、ウィルソン

得点:ウィルソン(11分)

ユナイテッド:デ・ヘア、ヤング、リンデロフ、スモーリング、ショー、マティッチ、フレッジ(56分にエレーラと交代)、ポグバ、マタ(56分にラッシュフォードと交代)、アレクシス(78分にリンガードと交代)、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ダルミアン、ジョーンズ、マクトミネイ

イエローカード:ショー、ヤング、ラッシュフォード

得点:マルシャル(35分)、ラッシュフォード(93分)

関連キーワード