click to go to homepage
監督

フルアム戦直前チーム情報

ジョゼ・モウリーニョ監督は、土曜日に行なわれるフルアムとのプレミアリーグ戦前日の時点で、数選手のコンディションに関する情報を待っている状態と語った。

2-2で引き分けたアーセナル戦にはエリック・バイリー、マッテオ・ダルミアン、クリス・スモーリング、マルコス・ロホが出場したものの、後半にはアントニー・マルシャルが負傷交代した。

フィル・ジョーンズとルーク・ショーは、先週末のサウサンプトン戦で負った負傷によりミッドウィークの一戦には出場しなかった。

マルシャル
23歳の誕生日に行なわれたアーセナル戦でゴールを決めたマルシャル

Aonトレーニングコンプレックスでの会見前、監督はMUTVのマーク・サリバンとのインタビューに応じ、再びメンバー選考で頭を抱えることになると話した。

「結論が出るのを待っているところだ。マルシャル、スモーリング、ジョーンズらの状態に関する情報を待っている。彼らが出場できるかは微妙だ。しかし、チームの闘志は良い状態だ。前の試合ではクリスが、サウサンプトン戦ではジョーンズが責任を果たしてくれた。試合が多く、問題を抱えている今のような状態では、重要なことだ」

累積イエローカードによりアーセナル戦に出場できなかったアシュリー・ヤングは、今節から出場が可能だが、監督が以前も明かしたように、ビクトル・リンデロフとアレクシス・サンチェスは欠場が濃厚となっている。

会見での最新情報

 MUTVとのインタビュー後、監督は会見に集まったメディアの前で「11時から始まるトレーニングセッションで、スモーリング、ジョーンズ、マルシャル、バイリーに関してはわかる」と答えた。

「当然ながら、リンデロフとアレクシスについて話す必要はない。ただ、情報は必要だ。完全な状態ではないが、スモーリングやジョーンズのように、出場可能な状態に仕上げてくれる選手を起用する。問題を抱えている選手も、チームのために努力してくれる」

フルアム情報

 フルアムのクラウディオ・ラニエリ監督は、友人でもあるモウリーニョ監督を称えた。また、会見では負傷者がいないことも明かした。

現在フルアムに期限付き移籍中のティム・フォスメンサーは、プレミアリーグのルールにより、ユナイテッド戦には出場できない。

ティム
フルアムで今季8試合に出場しているフォスメンサー

セビージャから期限付き移籍中のGKセルヒオ・リコは、マーカス・ベッティネッリに代わってレギュラーを奪取し、7試合連続の出場となる可能性がある。リコは昨季のチャンピオンズリーグでユナイテッドと対戦した。

アーセナルから期限付き移籍中のカラム・チャンバースは、スコットランド代表ケヴィン・マクドナルドが負傷離脱していた直近3試合に出場した。

セルビア出身のストライカー、アレクサンダル・ミトロヴィッチは、今季のリーグ戦で7ゴールを記録している他、2016年に3-3のドローになった試合を含め、ニューカッスル時代にユナイテッドとの直近3試合でゴールを決めている。

クラブ公式アプリをダウンロードしよう。

アーセナル戦ハイライト動画