click to go to homepage
フレッジ

ブラジルのレジェンドがフレッジにレッズ加入を助言

マンチェスター・ユナイテッド新加入のフレッジが、アーセナルとブラジル代表で活躍したスター選手からの助言を受け、オールド・トラッフォードへの移籍を決めたことを明かした。

シャフタール・ドネツクから加入したフレッジは、プレミアリーグ開幕節のレスター・シティー戦、前節ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に出場。そのフレッジにユナイテッド移籍を薦めたのは、ジウベルト・シウバだった。

ワールドカップ優勝に貢献した2002年の夏、シウバはアトレチコ・ミネイロからロンドンに移籍。ガナーズの一員として、無敗で終えた2003-04シーズンのチームでも活躍した選手だ。

シウバ
2008年、オールド・トラッフォードでアンデルソンと対峙するジウべウト・シウバ

アーセナルに在籍した6年間を通して、当時サー・アレックス・ファーガソンが指揮したユナイテッドと激しくやり合ったシウバは、2005年にカーディフのミレニアム・スタジアムで行なわれたFAカップ決勝にPK戦の末に勝利したチームのメンバーでもあった。

フレッジは、ユナイテッドからもリスペクトされていた41歳のメンターとのやり取りでマンチェスターへの移籍を決めたという。

フレッジはManUtd.comに「ジウベルトは、アーセナルでトップのMFだった。でも、彼はマンチェスター・ユナイテッドをリスペクトしていた。もちろん、ユナイテッドはイングランドのビッグクラブだしね」と語った。

「彼はクラブを称賛している。彼がジョゼ・モウリーニョ監督、他のユナイテッド関係者と話をした後で、僕たちはユナイテッドへの移籍を決めた。僕にとって良い移籍になると思って決断したんだ」

シウバ
2006年、シウバがストレトフォード・エンドで放ったPKはトマシュ・クシュチャクがセーブ
「ジウベルトはトップ選手で、彼からの助言は大きい。僕と同じポジションでプレーした選手だし、プレミアリーグで優勝した実績もある。彼から影響を受けているよ。彼の意見を聞いて、参考にしている」
フレッジのフルインタビューは、オールド・トラッフォードでの公式マッチデー・プログラム、United Reviewに掲載される予定だ。