click to go to homepage
マルシャル

前回のホームゲーム vs スパーズ

2017年10月28日、プレミアリーグでもっとも勢いに乗っていたマンチェスター・ユナイテッドとトッテナム・ホットスパーが、オールド・トラッフォードで激突した。

ユナイテッドは、それまでのホーム4試合を無失点で4連勝。対するスパーズは、開幕からアウェイ4連勝をマークし、それらの試合で12ゴールと爆発していた。

試合は土曜日のランチタイムに行なわれたのだが、両チームは第9節までを終えて勝ち点20で並び、シアター・オブ・ドリームスで対峙した。

スパーズのエースストライカー、ハリー・ケインが負傷欠場したとはいえ、試合は激しいバトルに発展。幸いにも、ユナイテッドは81分にアントニー・マルシャルが決めたゴールにより勝利を収めた。

動画
マルシャル
スパーズとの昨季ホームゲームで決勝点を決めたマルシャル

勝利が相応しい

 試合後、ジョゼ・モウリーニョ監督は、シーズン序盤のリーグ戦を牽引していたスパーズとの一戦をタフな試合だったと形容した。だが、勝ち点3という結果が妥当だったとも話した。

「相応しい結果が得られたと思う。難しい試合で、2つのビッグクラブによる対戦はドローになっていたかもしれなかった。お互いに勝ちを狙っていたが、同時に互いの力量も理解していた。お互いに、勝利を盗み取ろうとしていたようなものだ」

「相手を上手くコントロールできた。きっと、彼らよりも我々の方が勝つ可能性が高かったと思う。それでも、この試合はビッグマッチだった。チームにとっても、選手にとっても戦術的に難しい一戦になった。我々は審判にも恵まれた。力強く、アグレッシブで、50-50の競り合いはどれも死にもの狂いだったのに、1枚のイエローカードしか出なかったのでね」
ユナイテッド 1-0 トッテナム
アントニー・マルシャル 言う

「ハダースフィールドとの前節に負けたばかりだったから、今日の試合は重要だった。勝てて嬉しいし、ゴールを決められて嬉しい」

スリーバックの一角を担い、スパーズの攻撃を防いだフィル・ジョーンズも、MUTVとのインタビューで、次のように試合を振り返っている。

「いつだって無失点は大きい。相手がゴールをこじ開けようとしてきたのに、危険を感じた場面は一度もなかったので満足している。無失点に抑えて、大きな勝ち点3を取れた」

ジョーンズ

SNSでのリアクション

試合後、ファン、選手、公式アカウントもSNSで熱い反応を示した。

相性の良さを生かしたい

 マンデーナイトの試合では、ここ数シーズンでの相性の良さを生かしたいところだ。

ユナイテッドは、スパーズとホームで対戦したプレミアリーグ直近26試合中21試合で勝利を収めている。特に、ここ4試合は無失点で4連勝中だ。

2015年3月の対戦以降、両チームのプレミアリーグ戦は、必ずホームチームが勝っている。今回も同様の結果が得られることを期待したい!