click to go to homepage

デイリー
ブリント 背番号 17

出場中 Not playing
デイリー ブリント Quote
自分は日々の取り組みや試合ごとに集中するタイプ。今後多くの試合に出場したいし、チームにとって必要な場面で貢献したい。
  • 年齢
    28
  • 出場回数

    Updating

  • 総ゴール
フィルターリスト

バイオグラフィー

オランダを代表する選手となったデイリー・ブリントの成功物語は、ピッチ内外での落ち着きと粘り強さから成る。

2008年にはアヤックで将来有望な才能の持ち主に贈られる賞を受賞すると、ワールドカップ・ブラジル大会ではオランダ代表の躍進に貢献。元アヤックスでプレーしたダニー・ブリントを父に持つDFは、その名をオランダ国内だけに留まらず、世界中に轟かせた。 ブリントの基礎を作ったのは、広く称賛されているアヤックスのユースアカデミーで、将来的にオランダを支える選手になるという高評価を得て卒業した。 17歳でホームタウンのクラブとプロ契約を結ぶと、フォレンダム戦でトップチームデビューの機会を掴んだ。万能性に優れるブリントは、自身の成長のため、エール・ディヴィジのフローニンゲンに期限付きで移籍。自ら慣れ親しんだアヤックス以外の環境に身を置いた。 この時の経験はブリントにとって大きなものとなり、翌シーズンからアヤックスの左SBとしてレギュラーの座を獲得。フランク・デ・ブール監督の下、アヤックスの国内4連覇達成に貢献した。 実際デ・ブール監督の絶大な信頼を勝ち取ったのは2012-13シーズンからで、同年にもリーグ優勝に貢献すると、チーム内の年間最優秀選手賞に選ばれた。 本人はアヤックス時代について、「ユース、ファーストチーム、チャンピオンズリーグ、カップ戦、ビッグマッチなどを通じて沢山のことを学んだ」と振り返っている。 おのずとオランダ代表での評価も高まり、当時代表監督を務めていたルイ・ファン・ハール監督は、2013年2月に行われたイタリアとの親善試合に彼をMFとして起用、ブリントは代表デビューを果たした。 その後のブリントの歩みは説明するまでもなく、リーグ優勝に加え、リーグの年間最優秀選手賞を受賞。14年のワールドカップ初戦となったスペイン戦では、ロビン・ファン・ペルシーのダイビングヘッドをアシストし、オランダは前回大会王者に5-1で快勝した。 ファン・ハール監督が率いたチームの中軸に相応しい活躍を見せた万能型プレーヤーは、献身的な姿勢でチームに貢献し、トータルフットボールを体現してみせた。 そんなブリントが、キャリアのピーク時期にユナイテッドに加入。本人は移籍を決めた理由としてファン・ハール監督の存在があったことを明らかにしたが、歴史あるユナイテッド、そしてオールド・トラッフォードには以前から感銘を受けていたともコメントしている。オランダのトータルフットボールを体現する選手の1人であるブリントは、左SB、そして中盤でもプレーが可能で、チームにとって費用対効果の高い選手だと言える。 ユナイテッドでも1年目から万能性と高い戦術理解力を発揮し、ファーストチームでも高く評価された。1年目に29試合に出場したブリントは、本来、中盤から後方のポジションながらも時には攻撃参加にも意欲を見せ、ウェスト・ブロムウィッチ戦、そしてウェストハム戦では、価値ある同点ゴールを決めてみせた。 15-16シーズンも落ち着いたボール使いと高いパスセンスで魅了し、さらにはいくつか重要なゴールも決めて、攻撃エリアでも貢献できる選手であることを示した。そのうちのひとつが、FAカップ4回戦でダービー・カウンティを下した一戦でのゴールだ。また、GKシモン・ミニョレの頭上を越えてゴールのトップコーナーを突き刺した、9月のリヴァプール戦(3-1)でのシュートでは、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。 この万能型プレーヤーの株は上がる一方で、クリス・スモーリングと組んでユナイテッドのバックラインのキーパーソンとなった他、サイドでもプレー。信頼性が高く、テクニックにも秀でたたブリントは、この年、計56試合に出場とチームメイトの誰よりも多くの試合数をこなし、ユナイテッドの25回のクリーンシート獲得に大きく貢献した。 2016-17シーズンも活躍が光り、古巣アヤックスとのヨーロッパリーグ決勝でも好パフォーマンスを見せ、優勝メダルを獲得して有終の美を飾った。シーズン開幕当初はセンターバック、その後は左サイドックで主に使われ、ボクシングデーのサンダーランド戦では昨季唯一のゴールを決めたが、ジョーンズ、スモーリング、ロホが負傷離脱後は再びセンターバックに戻った。この万能性こそブリント最大の持ち味の一つだ。その他にも洗練された左足からのキック、試合を読む眼力も大きな武器であり、監督から求められるポジションでプレーすることを信条としている。 2017-18シーズンは、怪我により17試合に出場したに止まり、ブリントにとってはフラストレーションのたまる年となった。

省略を読む About デイリー ブリント
  • ポジション

    ディフェンダー

  • オランダ

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    vs QPR(H)

自分は日々の取り組みや試合ごとに集中するタイプ。今後多くの試合に出場したいし、チームにとって必要な場面で貢献したい。

最新

ブリント

ブリントがアヤックスに復帰 Article

デイリー・ブリントが、古巣のアヤックスに復帰する。クラブの全関係者は、彼のこれからの活躍を祈っている。

ブリント

アヤックス復帰に関し合意 Article

クラブは、アヤックスとデイリー・ブリントの復帰に関して合意したことを明かした。

ロホ

各国代表戦日程 Article

ユナイテッドの選手が出場する可能性がある代表戦日程

デイリー・ブリント

「EL優勝は忘れない」 Article

ブリントがヨーロッパリーグ決勝の1日を振り返った

ダルミアン、ブリント

監督は残留を希望 Article

2人のDFの去就についてモウリーニョ監督が言及した

もっと見る