サンチェス

アレクシスがコパアメリカで負傷

マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスが、アルゼンチンとのコパアメリカ3位決定戦で、わずか17分に負傷交代した。チリは2-1で敗れた。

試合はマンチェスター・シティーのセルヒオ・アグエロ、ユヴェントスのパウロ・ディバラのゴールにより、アルゼンチンが2-0でリードを広げた。37分にはリオネル・メッシとガリー・メデルがレッドカードを出されて退場した。
アレクシス
チリは、後半にアルトゥール・ビダルのPKで1点を返したものの、アルゼンチンが2015年と2016年のコパアメリカ決勝で敗れたチリを下し、3位で大会を終えた。

アレクシスは、今回のコパアメリカで6試合に先発出場し、日本とエクアドルとのグループステージ戦で2ゴールを記録。コロンビアとの準々決勝では、0-0のままPK戦へと突入し、アレクシスのPK成功によりチリが5-4で勝ち上がりを決めた。

今大会に出場した影響により、アレクシスはオーストラリアのパースに向かうフライトには帯同しない。

おすすめ: