ブランドン

ウィリアムズがU-21代表を離脱

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、ブランドン・ウィリアムズが、足の怪我のためU-21代表を離脱することになった。

ユナイテッド生え抜きのブランドンは、昨シーズンはファーストチームでも頭角を現し、ドイツで行われたヨーロッパリーグでは準々決勝、準決勝の両試合に先発出場した。

また、先日はユナイテッドと長期契約を締結。子供の頃からの憧れのクラブで、今後も成長を続けていく環境が整った。

ところが、足に軽度の負傷が認められたため、エイディ・ブースロイド監督率いるイングランドU-21代表からは離脱することとなった。イングランドは欧州選手権予選のコソボ戦とオーストリア戦を戦う予定で、これまでU-20代表でプレーしてきたブランドンにとっては、今回のU-21招集はステップアップの機会だった。


ウィリアムズは昨シーズン、オールド・トラッフォードで行われたカラバオカップのロッチデール戦でシニアデビュー。以降、オーレ・グンナー・スールシャール監督のメンバーに加わっている。

プレミアリーグでは17試合に出場し、3-3で引き分けたシェフィールド・ユナイテッド戦で初ゴールをマーク。19-20シーズンは、全コンペティションあわせて36試合に出場した。

レッズの新シーズンは、9月19日のクリスタル・パレス戦で開幕する。若きディフェンダーは、新たなブレイクの年にしたいと、闘志を燃やしていることだろう。

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーキットをUnitedDirectで発売中

おすすめ: