ユナイテッド

ブルーノがMOMに

ブルーノ・フェルナンデスが、2-0で勝利したレスター・シティーとのプレミアリーグ最終戦のマンチェスター・ユナイテッド・マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

ブルーノは、後半にアントニー・マルシャルが倒されて得たPK成功によりゴールを記録した。

スポルティング・リスボンから加入後リーグ戦で8ゴールをあげた試合後、ブルーノは次のようにコメントしている。

「嬉しい。これまでのどのゴールも、形は違うけれど重要だから」

「今日の試合での得点は、チームに落ち着きを与えるためにも大事だった」

「もちろんレスターの攻撃にも苦しめられたけれど、彼らには2ゴールが必要だった。それでもうまく守れた。それに、僕たちは最後まで戦い続けた」

「プレッシャーは好きなんだ。ゴールキーパーがボールを近くに置いて相手にプレッシャーをかけるのも良いね。彼は恐れていたと思う」

「彼のおかげで自信もました。相手もマインドゲームを仕掛けてくるけれど、自分にとってはやってもらった方が良い」

ブルーノはシュート2本を放ち、その内の1本は枠に飛んだ。また、クロスもチーム最多の4本を記録している。ボールタッチ数は63で、ポゼッション奪取回数はネマニャ・マティッチと並び9回だった。

スコット・マクトミネイと交代するまで、フェルナンデスよりスプリントの数が多かったのは、12回を記録したレスターのジェームズ・ジャスティンだけだった。

2月1日にブルーノがユナイテッド デビューを果たして以降、チームはどのチームよりもプレミアリーグの試合で勝ち点(32)を記録している。この間、彼はリーグ最多の15ゴールに絡んだ。

試合後にクラブ公式アプリで実施された投票の結果、ビクトル・リンデロフ、ジェシー・リンガードを上回るファンから支持されてマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

レッズのギアで応援しよう!2019-20シーズンのキットをセール価格で販売中。購入はこちらから。商品は在庫限りなのでお早めに。

おすすめ: