click to go to homepage
シーバス

シーバスがユナイテッド基金に寄付

シーバスリーガル・アイコンの50年を記念した限定ボトルが、著名なオークションハウス、サザビーズにおいて21780ポンドで落札された。

これは一般向けに販売された1本のみの超限定品で、売り上げ金の全額がマンチェスター・ユナイテッド基金に寄付される。これは、シーバス社とユナイテッドが共有する、すべての人々の人生を豊かに、という信念に基づいたものだ。

この最古のシーバスウィスキーは、ユナイテッドが1968年のヨーロピアンカップに優勝したことを記念してブレンドされたもので、わずか4本しか存在していない。ウェンブリースタジアムでのこの記念すべき試合で、ユナイテッドがあげたゴール数の分だけ製造されたものだ。

 

シーバスのブレンディング・ダイレクター、サンディ・ヒスロップのコメント:

「シーバスリーガル・アイコンの50年記念版は、我々にとって、もっとも贅沢で希少なウィスキーです。長年の経験を結集させて、マンチェスター・ユナイテッドとシーバスが共有する、『フットボールにおいても、人生、そしてスコッチにおいても、ブレンドは成功のもと』という信念を体現したものです。このボトルを手にした人はすなわち、この歴史を物語るアイコン的な1本を手にしたということです。これはシーバスが作った、最古のブレンデッドウィスキーです」

マンチェスター・ユナイテッド基金チーフ・エグゼクティブ、ジョン・シールズのコメント:

「シーバス社のサポートと、我々の基金への理解に心から感謝いたします。この寛大な寄付金により、我々は、今後もグレーター・マンチェスター地区の人々のための様々なプログラムを遂行することが可能になります。援助が必要な人々に、絶大なサポートをすることができることになるでしょう」

マンチェスター・ユナイテッドの公式スピリッツ・パートナーであるシーバスは、2本目のブレンデッドウイスキーをソーシャルメディア上での抽選で選ばれたラッキーなファンにプレゼントした。そして3本目は、現在マンチェスター・ユナイテッド・ミュージアムに飾られているが、年末のイベントでやはりオークションにかけられ、売上金がマンチェスター・ユナイテッド基金に寄付されることになっている。そして最後の1本は、スコットランドのスペイサイドにあるシーバスの蒸留所に飾られている。

 

シーバス社とマンチェスター・ユナイテッドのパートナーシップについての詳細はこちらから。