click to go to homepage
デイリー・ブリント

ブリント「ヨーロッパリーグ優勝は忘れない」

デイリー・ブリントは、マンチェスター・ユナイテッドでの4年間で3つのメジャータイトルを獲得してきた。しかし、United Reviewとのインタビューで彼が語った内容を読めば、どのタイトルが最も本人にとって感慨深いかは明白だ…

「マンチェスター・ユナイテッドで獲得した全てのトロフィーには、それぞれ違ったストーリーがある。でも、アヤックスとの決勝で勝ち取ったヨーロッパリーグについては、絶対に忘れない」

「チャンピオンズリーグ出場権がかかっていたことは頭にあった。でも、苦しい思いをしながら決勝まで勝ち進んだのだから、トロフィーの獲得が何よりも重要だった」

「カップ戦の決勝は特別な日だ。ただ、試合開始が夜だと、1日が長く感じるね! 僕の場合、数日前から頭の中で試合について繰り返し考えていた。どういう展開になるか頭でシミュレーションすることで、ベストな準備ができる。そのことを知っているからね」

「試合当日は、目が覚めて、朝食をとって、リラックスして、午後に仮眠を取る。でも、あの日はあまり眠れなかった! 普段なら緊張しないけれど、相手がアヤックスだったから緊張していた。長い時間を待って、チームバスに乗り込んだ。ファンの皆が外で待っていて、皆は準備万端だったね。会場中が興奮に満ちていて、90分間の試合に向けて準備を整えた。ユニホームに着替えて、スパイクを履いて。試合が始まったら緊張は消える。あとは楽しむだけさ」

「良いプレーができたと思う。僕たちの方が良いチームだったし、勝利に値した。ゴールはラッキーだったかもしれない。それでもチャンスを作れていたし、相手を常に押し込めていた。僕たちの戦術はシンプルで、マルアン・フェライニにボールを託すことだった。それがあの試合でのチームの強みだった。ベストを尽くせたし、守備もコンパクトで、崩すのは簡単ではなかったと思う。あの試合では、オランダリーグとプレミアリーグの力強さとフィジカルの違いが見られた」

「アヤックスとの決勝ということで、自分との関係性もあったし、感傷的にもなった。試合後にはアヤックスの何人かと話して、デイヴィ・クラーセンとユニホームを交換した。彼のユニホームは、メダルと一緒に自宅に飾っているよ。特別な夜だったことを思い出させてくれる。ヨーロッパのトロフィーを勝ち取れる選手は多くはないから、とても嬉しい」