ダロト

ダロトが念願のA代表デビュー

木曜日 24 6月 2021 15:29

マンチェスター・ユナイテッドのサイドバック、ディオゴ・ダロトが水曜夜、ポルトガルA代表デビューを果たし、ずっと抱き続けてきた夢が叶ったと、充実した思いを語った。

22歳のダロトは、開催中のEUROで、グループリーグ最終節のフランス戦の79分から途中出場した。

ブダペストで行われたこの対戦では、レッズのレジェンド、クリスティアーノ・ロナウドが2本のペナルティーを決めたが、フランスはカリム・ベンゼマが1本のPKを含む2得点を決めて、試合は2-2のドローで終わった。

ポルトガルはグループFをフランス、ドイツに次ぐ3番手で終えたが、この勝ち点1が効いて、勝ち点の多い3位勢の中で上位4チームに食い込み、決勝トーナメン進出が決定した。ダロトはブルーノ・フェルナンデスらとともにセビージャに飛び、日曜のベルギー戦に備える。

パトリスが選ぶフランス人選手ベスト5! article

現代表監督ディディエ・デシャンのほかにパトリスが選んだのは?

ダロトは昨シーズン、ACミランに期限付きで移籍。この夏はUEFAのU21欧州選手権に出場し、ドイツに僅差で敗れた今月初旬の決勝戦までフル出場した。

その試合から1週間後、ダロトはCOVID-19で陽性反応が出たマンチェスター・シティーのジョアン・カンセロに代わってフェルナンド・サントス監督から招集を受け、レッズから12人目のEURO2020出場選手となった。

その2日後に行われたハンガリーとの初戦はスタンドから観戦したが、次のドイツ戦では出場はなかったもののベンチ入り。そして3試合目のフランス戦で、晴れて出場機会を得た。

この試合、そしてこの日は、ダロトにとって一生忘れられない思い出となったことだろう。その思いを彼は試合後、ソーシャルメディアに投稿している。 『夢が叶った今日のこの日を、僕は一生忘れないだろう』 とポルトガル語で綴ったダロト。 『自分の国を代表できるなんて、なんて光栄なことだろう。欧州選手権の本戦に出場し、ラウンド16に勝ち抜けることができた』 『みんなのサポート、本当にありがとう。一人一人の思いを、ピッチの上で感じているよ』

ダロトと彼の家族にとって、とても誇らしい夜となったが、彼はポール・ポグバのいるフランス代表との対戦についてもコメントしている。

『強敵を相手に、厳しい試合になることは予想していた』

『失点のあとで挽回することができた。僕自身は、デビューができて、しかも次ラウンドへの勝ち抜けも決まって最高にうれしい。パーフェクトな夜だ』

『じっくりベルギーを分析する時間がある。でも一番大事なのは、しっかりバッテリーをチャージすることだ』

マンチェスター・ユナイテッド一同より、おめでとう、ダロト!

おすすめ: