ディラン

レヴィットがチャールトンに期限付き移籍

マンチェスター・ユナイテッドのMFディラン・レヴィットが2020-21シーズン、チャールトン・アスレティックに期限付き移籍することになった。

19歳のレヴィットは、昨年11月のヨーロッパリーグ、対アスタナ戦でシニアデビューしたが、来シーズンは、ユナイテッドから離れて研鑽を積むことになる。

ウェールズのボーデルウィダンで生まれたレヴィットは、昨シーズンはニール・ウッズ監督率いるU-23チームで14試合に出場し、3ゴール、4アシストを記録。チームはプレミアリーグ2を2位で終え、ディビジョン1への昇格を実現した。

ディラン
先週末、ハダースフィールドとの練習試合でプレーするディラン・レヴィット

今回の国際マッチデーでは、ライアン・ギグス監督率いるウェールズ代表に招集され、UEFAネーションズリーグのフィンランド戦での勝利でシニアデビューを飾った。

リーグワン所属のチャールトンは、今週土曜のクルー・アレクサンドラ戦でシーズンの幕を開ける。ここで出場時間を得て、プレー経験を積むことが狙いだ。

レヴィットは8歳でユナイテッドに入団した。アカデミーからの期限付き移籍は、タヒス・チョン、アリオウ・トラオレ、マテイ・コヴァール、ジョエル・ペレイラに次いで5人目。

選手個人の成長を最優先に考え、若手選手がプロとして成長する大事な段階において、もっとも適した環境を用意することが目的だ。

マンチェスター・ユナイテッドの関係者一同は、ディランのチャールトンでの活躍を祈るとともに、今後も彼の成長をフォローし続ける。

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットがUnitedDirectで発売中。

おすすめ: