click to go to homepage
監督

ワトフォード戦チーム情報

2018-19シーズン開幕後初のインターナショナルブレークも終わった。これからは国内戦に集中する時だ。マンチェスター・ユナイテッドは、土曜に敵地でワトフォードとのプレミアリーグ戦を行なう。

各クラブの監督は、選手たちが無傷でチームに戻ってくるかを待たなくてはならない。ユナイテッドでは、ヴィカレージ・ロードでの試合を前に、2選手のコンディションが気がかりな状態だ。

スペインとのUEFAネーションズリーグ戦で頭部を痛めたルーク・ショーは、週末の一戦に出場できない可能性がある。報道では、ショーは脳震盪により1週間はプレーできない可能性があるといが、詳細は明らかにされていない。

ショーは今季開幕から好調を維持し、8月のユナイテッド月間最優秀選手賞、ベストゴール賞を同時に受賞した、ワトフォード戦後、ユナイテッドは来週水曜にスイスのヤング・ボーイズとチャンピオンズリーグで相対する。

ショーにエール article

代表戦で負傷したルーク・ショーにメッセージを送った。

マルアン・フェライニは、ベルギー代表での練習中に腰を痛め、スコットランド戦とアイスランド戦に出場できないと判断され、Aonトレーニングコンプレックスに戻った。インターナショナルウィーク前のバーンリー戦で先発出場し、勝利に貢献しただけにもったいないケガだ。フィル・ジョーンズは、負傷によりバーンリー戦を欠場した。

ショーとフェライニ以外はポジティブな報せが多かった。ジョゼ・モウリーニョ監督がウェンブリーで観戦したイングランド対スペインでは、マーカス・ラッシュフォードがショーのアシストを受けてゴールをマーク。ラッシュフォードは、レスター・シティー本拠地キングパワー・スタジアムで行なわれたスイス戦でも決勝点を決めた。ベルギー代表のロメル・ルカクは、スコットランドとの親善試合で1点、それから3-0で勝利したアイスランドとのネーションズリーグ戦で2ゴールの活躍だった。

ダビド・デ・ヘア、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、スコット・マクトミネイ、エリック・バイリー、ビクトル・リンデロフ、フレッジ、ブラジル代表デビューを果たしたアンドレアス・ぺレイラは代表戦に出場。アレクシス・サンチェスはマンチェスターに残り、コンディションの調整に努めた。セルヒオ・ロメロは、アルゼンチン代表の2試合に出場しなかった。

「チリはいつも心の中に」 article

今回のインターナショナルウィークはマンチェスターに残ったが、アレクシスの代表への気持ちは強い。

ダロトのデビュー?

新加入ディオゴ・ダロトは、ロメロと同様にヒザの負傷で出遅れ、アメリカでのプレシーズン中も試合に出場しなかったが、U-23のストーク・シティー戦に出場した。

今週の月曜日、ダロトは「土曜の試合に向けた準備は整っている」とTwitterに書き込み、週末のファーストチームデビューを示唆した。

モウリーニョ監督は、今月プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、カラバオカップで5試合を戦うため、可能な限り出場可能な選手の数を増やしたい意向のはず。

選手のコンディションに関する情報は、14日(金)の試合前日会見で明らかになる予定だ。

関連キーワード