click to go to homepage
マルシャル

パレス戦前のチーム状況をチェック!

2018年最後の国際マッチデーも終了し、ジョゼ・モウリーニョは土曜に再開するプレミアリーグの次戦、対クリスタル・パレス戦に向けての準備に余念がない。

今回の国際マッチデーでは、12人が各国代表の一員としてUEFAネーションズリーグやアフリカ大陸選手権予選、親善試合に臨み、その他の選手はAonトレーニング・コンプレックスに残ってトレーニングに励んだ。

ここでは、選手たちの最新の情報をお伝えする。

ゴールキーパー

スペイン代表のダビド・デ・ヘアは木曜日にクロアチアと対戦し、3-2で敗れた。日曜のボスニア・ヘルツェゴビナとの親善試合(1-0でスペインが勝利)は欠場したが、ユナイテッドで唯一、今シーズンのプレミアリーグ全試合でフル出場しているデ・ヘアにとっては良い休養の機会となったことだろう。

アルゼンチン代表のセルヒオ・ロメロはメキシコとの2戦には出場しなかった。

ディフェンダー

スウェーデン代表のビクトル・リンデロフは1-0で勝利したトルコ戦に先発出場したが、体調不良でハーフタイムに交代した。しかしロシア戦には復帰してフル出場。試合はスウェーデンが2-0で勝利をおさめた。

エクアドル代表のアントニオ・パレンシアはペルー戦でゴールを決めて2-0勝利に貢献。負傷で最近の7試合を欠場していたが、土曜のクリスタル・パレス戦はルーク・ショーが出場停止なため、戦列に復帰する可能性が高い。左サイドはアシュリー・ヤングの起用が濃厚だ。

ディオゴ・ダロトも右サイドバックでプレーする可能性がある。ポルトガル人DFは自身のツイッターで、ゲームに復帰してチームの助けになりたいと綴っている。ダロトは火曜日の練習にもマルコス・ロホフィル・ジョーンズとともに元気な姿を見せていた。

コートジボワールはギニアに1-1で引き分けて来年のアフリカ大陸選手権への出場権を獲得したが、エリック・バイリーは出場しなかった。

ミッドフィールダー

腿を痛めてマンチェスター・ダービーとフランス代表戦を欠場したポール・ポグバについてはまだ様子見の段階。

ベルギー代表招集は見送られたマルアン・フェライニは、すっきりと短髪にしたニューヘアスタルで元気に全体練習に参加している。

先月の国際マッチデーは負傷により参戦できなかったネマニャ・マティッチは、今回はセルビア代表の一員としてモンテネグロ戦の2-1勝利に貢献した。

スコットランド代表のスコット・マックトミネイは、アルバニアに4-0、イスラエルに3-2で勝利をおさめた2試合両戦に出場、UEFAネーションズリーグのプレーオフ進出を勝ち取った。

アンデル・エレーラアンドレアス・ペレイラフレッジは、国際マッチデーの間もトレーニングに励み、コンディションは万全だ。


フォワード

イングランド代表組では、ジェシー・リンガードが、ウェイン・ルーニーの最後の代表戦となったアメリカ戦で得点(3-0でイングランドが勝利)。さらにネーションズリーグのクロアチア戦でも得点して勝利に寄与した。マーカス・ラッシュフォードも両試合に出場している。

ロメル・ルカクはベルギー代表に招集されたが、ハムストリングに不調を訴え、2-0で勝利したアイスランドとの親善試合、5-2 でスイスに敗れたネーションズリーグ戦ともに出場しなかった。

アントニー・マルシャルは8ヶ月ぶりにフランス代表に招集されたが、負傷により離脱を余儀なくされた。ユナイテッドの10月の月間MVPにも選出されたマルシャルは、直近の5試合で6得点と好調だ。火曜日のトレーニングには元気に参加していたから、パレス戦には出場可能な様子だ。

チリ代表のアレクシス・サンチェスは、敗戦に終わったコスタリカ戦と勝利をおさめたホンジュラス戦で2得点を決めた。ユナイテッドでの復帰が待たれる。