ドバイ

バイリーがアフリカ大陸ベスト11に選出

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、コートジボワール代表のエリック・バイリーが、火曜の夜にセネガルの首都ダカールで行われたアフリカサッカー連盟主催の授賞式で、2018年度のアフリカ人選手ベストイレブンに選出された。

エリックは、ユヴェントス所属のモロッコ人DFメディ・ベナティアとセンターバックでペアを組み、2018年度に最も優れたパフォーマンスを見せたイレブンの一員に選出された。 24歳のバイリーは、昨年はコートジボワール代表では5試合に出場。4-0で快勝した中央アフリカ共和国戦では、代表初ゴールもマークし、エレファンツの今年のアフリカ大陸選手権出場権獲得に貢献した。
コートジボワールからは、トッテナムのサイドバック、セルジュ・オーリエもベストイレブンに選ばれている。 ちなみにレッズでエリックとコンビを組むビクトル・リンデロフも、昨年11月、ストックホルムで行われたセレモニーで、母国スウェーデンの2018年度最優秀プレーヤーに選出されている。
この栄誉にふさわしい活躍をしたエリックに祝福を! アフリカ大陸ベストイレブン: デニス・オニャンゴ(ウガンダ代表、マメロディ・サンダウンズ所属);セルジュ・オーリエ(コートジボワール代表、トッテナム所属)、メディ・ベナティア(モロッコ代表、ユヴェントス所属)、エリック・バイリー(コートジボワール代表、マンチェスター・ユナイテッド所属)、カリドゥ・クーリバリ(セネガル代表、ナポリ所属);トーマス・パーテイ(ガーナ代表、アトレチコ・マドリー所属)、ナビ・ケイタ(ギネア代表、リヴァプール所属)、リヤド・マフレズ(アルジェリア代表、マンチェスター・シティー所属);モハメド・サラー(エジプト代表、リヴァプール所属)、ピエール・エメリック・オーバメヤン(ガボン代表、アーセナル所属)、サディオ・マネ(セネガル代表、リヴァプール所属)

「ドバイキャンプが力になる」 article

フアン・マタがブログを更新。レディング戦、ミニキャンプについて綴った。

4回戦でガナーズと激突 article

4回戦はアウェイでアーセナルと対戦することが決定。

オーレ「自分たちを試すチャンス」 article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、FAカップ4回戦のアーセナル戦について語った