フレッジ

オーレ「フレッジの好調は本人の努力の成果」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ここ最近めきめきとパフォーマンスが向上しているフレッジについて、賞賛はすべて彼自身の努力に価するものだと話した。

ブラジル人MFは、レッズが連勝をおさめたトッテナム戦、マンチェスター・シティー戦の両戦で目覚ましいパフォーマンスを見せた。

2018年にシャフタール・ドネツクから入団して以降、順応するのに苦労もしたが、その間も温かく見守り続けてきたスールシャール監督とスタッフたちの信頼に応えた形だ。


「コーチングスタッフも仲間の選手たちも、フレッジには常に信頼を寄せてきた」と木曜にオールド・トラッフォードで行われるヨーロッパリーグ、対アルクマール戦の前日会見で話したオーレ。

「現在の好調は、彼自身の努力のたまものだ。そしてポールが不在で得たチャンスを、彼はしっかりものにした。彼がこのようなハイレベルでプレーしている姿を見て、我々もみな非常に喜んでいる。これからもさらに成長していくことだろう」

ダービー戦の最中には、シティー側のファンから、フレッジとジェシー・リンガードに向けて心ないレイシスト攻撃があったほか、ユナイテッドの選手たちにも嫌がらせがあった。

「選手たちと話をしたが、彼らの見解も私と同じだった。これはフットボールにあるべきことではない。我々がやるべきことは、ピッチに出て、これがフットボールなんだ、と身をもって証明すること。その点でみんなの意見が一致した。

ジェシーとフレッジは、ここ数日辛い思いをしたことだろうが、選手たちがいかに振る舞うかは、ほかの人たちを救う意味でも重要だ」


ポグバ
マンチェスター・ダービーをスタンドから観戦したポール・ポグバ

フレッジはポグバが不在の間にチャンスを得たが、ポグバの復帰もそう遠くはない。復帰した際には、すぐに中盤でのレギュラーの座はポグバのものになるのかと聞かれた指揮官は、

「まずは彼に完全にフィットした状態に戻ってもらうことが先決だ」と答えた。

「その後は多くの試合に出場することになるだろう。彼は世界でベストプレーヤーの一人だ。彼の復帰を心待ちにしている」。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ: