ユナイテッド

マグワイアがラッシュフォードを称賛

キャプテンとしてマンチェスター・ユナイテッドを引っ張るハリー・マグワイアが、チームメートのマーカス・ラッシュフォードのリーダーシップを称え、これまで一緒にプレーした中で誰よりも才能に恵まれていると語った。

マグワイアは、UTD ポッドキャストで月曜から配信される特別エピソード“Captains”に元ユナイテッド主将のブライアン・ロブソンと出演。

キャプテンマークを巻いたユナイテッドのチームメートで6選手をピックしてチームを編成する企画で、マグワイアは真っ先にイングランド代表でもチームメートのラッシュフォードを指名した。

「クラブにはキャプテンが必要で、頼る必要がある。ただ、グループ内で責任を分担する必要もある」と、マグワイアはラッシュフォードがチームに与える影響について語った。

「マーカスは、毎試合で戦ってくれる。彼はケガをして復帰に向けて戦っている。彼が試合を欠場するのは珍しい」

「いつだって出場したいと願う選手。ピッチ内外でも人柄は素晴らしくて、慈善活動にも力を入れている」

「ピッチでは驚かされているよ。一緒にプレーした中で、誰よりも才能に恵まれている」

マグワイアは、レスター・シティーのジェイミー・ヴァーディをはじめ、代表でハリー・ケイン、デレ・アリ、ラヒーム・スターリングらそうそうたる面子とプレーしている。

それでも彼は、ラッシュフォードなら誰が相手でも結果を出せると主張。今後もユナイテッドの中心選手として活躍すると確信している。

「イングランド代表で一緒にやるようになってから、彼をずっと高く評価してきた。彼に対する評価は、十分なくらい言葉にできない。素晴らしいキャリアを送ると思う」

「あまりプレッシャーをかけたくないけれど、今と同じように、マンチェスター・ユナイテッドにとって素晴らしい選手になる」

「一緒にプレーした経験がある6人で編成するチームでなら、彼がベストプレーヤー。マーカスなら、ゴールの左右、正面からでも点を取ってくれる」

マグワイアが他に誰を選んだのかは、UTD ポッドキャストで確認してもらいたい。

ミッドフィルダーのポジションでは、ポール・ポグバが落選した。しかしハリーは、ポグバの能力を称賛している。

「彼は大きくて、たくましくて、強い。なんでも揃っている選手」と、マグワイアは話す。

「候補の一人だったけれど、今シーズンはケガで欠場した試合が多いからね。これからアピールしてくれるさ」

「ただ、練習での彼をみる限り、とんでもない選手」

UTD Podcast 全編はDeezer、またはポッドキャスト配信サイトをチェック

おすすめ: