ユナイテッド

ガーナーが新契約にサイン後ノッティンガムに期限付き移籍

日曜日 22 8月 2021 13:31

ジェームズ・ガーナーは、2021-22シーズン終了までノッティンガム・フォレストへの1シーズンの期限付き移籍に合意した。

また、20歳のガーナーは、マンチェスター・ユナイテッドと新契約を締結。契約期間は2024年6月までで、1年の延長オプションが付いている。

ガーナーは、昨シーズン後半、ミッドランズのクラブに所属し、リーグ戦20試合で4ゴールを記録した。

クリス・ヒュートン監督のチームでプレーしていた際、チームメート、コーチ、そしてファンから称賛された。そのパフォーマンスは印象的で安定感もあったが、まだ20歳という若さで、もう1シ��ズン、トップチームでレギュラーとしてプレーする機会を得た。

20歳のガーナーは昨季もフォレストに期限付き移籍

8歳でアカデミーに入団したガーナーは、すでにトップチームで7試合に出場。どのカテゴリーでもキャプテンを務めた。

新契約にサインしたガーナーは、クラブメディアの取材に応じ、次のように語った。

「マンチェスター・ユナイテッドは、もう10年以上、僕の人生の大部分を占めています。僕の目標は、もちろんここでトップチームの選手になることです。何が必要なのかはよくわかっていますし、自分の能力をみんなにアピールして、目標に向かって努力し続ける準備はできています」

「この新しい契約にサインすることは、クラブが僕を信頼してくれていることの証であり、僕にさらなるモチベーションです。僕と家族にとって大きな意味を持つものです」

「いつかこのクラブでビッグプレーヤーになりたい。それが僕の究極の目標であり、それを実現するために日々努力していきます」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、金曜日の記者会見でガーナーの能力について語ったが、さらなる経験を積むためにはレンタルに出る必要があると認めていた。

「彼はプレシーズンで本当によくやっていて、私を感動させてくれた」と監督は説明した。「彼のキャリアのためには、もう1シーズン、いや、まずはあと半年、チャンピオンシップでレギュラーとしてプレーすることが大事だ」

ユナイテッドのスタッフ一同、ジェームズの今シーズンの幸運を祈りつつ、シティグラウンドで彼の成長を見守っていきたい。

おすすめ: