click to go to homepage
モウリーニョ監督

ワトフォード戦を総括

Share With

ジョゼ・モウリーニョ監督が、ワトフォードとの2017-18プレミアリーグ最終節を振り返った。

マーカス・ラッシュフォードのゴールにより、マンチェスター・ユナイテッドは1-0で勝利。この日はキャプテンのマイケル・キャリックにとってユナイテッド通算464試合目の出場となり、おそらく現役最後の試合出場になる可能性が極めて高い。

試合後モウリーニョ監督がMUTVとのインタビューで語った内容は以下の通り…

モウリーニョ監督

ユナイテッド1-0ワトフォード article

ラッシュフォードのゴールにより勝利、キャリックにとって最後のホームゲームを白星で飾った

今季の評価は見方次第
どのように分析したいかで変わる。ポジティブな見方をし、全員の努力、昨季から改善された数字を尊重するのなら、ポジティブな見方になるだろう。ここ5年で最高順位で、本来であればシーズンラスト数週間まで優勝争いができていた勝ち点を取れて、多くの試合でクリーンシートを達成し、ゴールデングローブも獲得できた。昨季よりゴール数も多く、リーグで2番目のチームになった。そして、国内で2番目に位置するメジャータイトル(エミレーツFAカップ)をかけて決勝で戦う。つまりポジティブな見方をすれば、いくらでも事実に基づいた意見が言える。しかしネガティブに考えれば、いつでも否定的な意見を言える。たとえば、9歳でクラブに加入したスコット・マクトミネイの実力が十分ではないとかね。ネガティブなことを言おうと思えば、いくらでも言える。

キャリックは選手として最後を迎えたがコーチとしてのスタート
これまでもビッグプレーヤーの最後の試合を見届けてきた。インテル時代にはルイス・フィーゴの引退試合を見届けた。あの光景は一生忘れない。マイケルの場合は状況が異なる。彼はクラブに残るからだ。選手としては最後を迎えた。しかし、コーチとしてはこれからが始まりだ。だから彼にとっても、そこまで辛くないだろう。

動画
キャリック
最後のホームゲームに出場したキャリック

将来的にルイ・ファリアのチームと対戦する可能性も
(一時代の終わりを感じるか)そう思う。しかし、いつかプレミアリーグで対戦する日がくるかもしれない。もしそうなれば、私は誇りに思うだろう。彼が私のところにきた17年前は、まだ子供だった。もし彼のチームと対戦することになれば、非常に誇りに思うはずだ。

火曜日からFAカップ決勝に集中
1日休んで切り替える。火曜日からは今季最後の1週間に集中する。決勝に向けてね。今以上のモチベーションも必要なくなる。