マタ

「最高にハッピーな瞬間だった」

やあみんな!いよいよ、シーズンも終盤戦に突入。リーグ戦の戦いも、残り2ヶ月を切った。試合は今週土曜日に再開する。オールド・トラッフォードにワトフォードを迎えるが楽しみだ。

この間のトレーニングに関しては、個人的にはとてもポジティブなものになった。FAカップ戦で実戦に復帰できたけれど、そこからトップフォームに戻すための、今回はとても良い機会になった。実際、調子はすごくいい。ここから先は、チームの助けになるために自分ができることをすべて出し切っていきたい。

先週は、たくさんの人たちが、アンフィールドで僕たちがリヴァプールに勝った4年前の試合のことを思い出させてくれた。その試合で2ゴールを決めることができて、僕は本当に幸運だった。あれから月日は流れたけれど、あの試合は、僕のキャリアの中でも最高にハッピーな瞬間だった。

マタ
この体勢からどうやって決めた?

あの日は、すべてがうまくいった。パスやボールタッチの感触も良かったし、1本目のゴールが決まって、そして2本目と続いて、ファンのみんながコーナーの近くに駆け寄って喜んでくれた。ああいうシーンを見たときに、「ああ、フットボール選手になりたい!」って心に誓うことがある。自分のしたことが、多くの人たちに影響を与えるというのは、本当に特別なことだ。すべてのことに意味があると思える。その意味でも、あの日は僕にとって忘れられない日になった。

それから、代表戦のほうでは、スペインのEuro予選での勝利を祝福したい。なかなかタフな試合だったからね。でもスペインらしいスタイルで勝利をもぎとったことが僕にはうれしかった。


それから、ハイメ・マタがデビューしたね。ちなみに彼とは親戚ではないよ(僕の知る限りではね!)。これまで彼がいかに辛抱強く努力を続けていたかを見ていたから、彼が代表でデビューしたことを本当にうれしく思う。それからセルヒオ・カナレスもね。彼も度重なる怪我を乗り越えてここまで到達した。偉大な選手の見本のような選手だ。代表メンバーに選ばれるのにふさわしいよ。

それからイングランドも好調なスタートを切ったね。ゴールを量産しただけでなく、チーム内にしっかりとしたものが構築されているように感じた。ギャレス・サウスゲート監督のチームはW杯でもすでにその片鱗を見せていたけれど、新しい世代の選手たちとともに、戦闘力の高いチームに成長していることがさらにはっきり見てとれた気がする。

マタ
「これからの人生の幸せを祈るよ、ルイス!」ファン・ハールは監督業からの引退を発表した

最後に、ルイス・ファン・ハールが監督業からの引退を発表したね。彼の人生の新章にたくさんの幸運を願っている。そして、ともに過ごした間のことについて心から感謝を述べたい(あのアンフィールドでの試合のことも含めてね!)。

彼は素晴らしい指導者だった。外見は強面だけれど、とても細やかで実直な人なんだ。そして自分自身にしっかりとした理念がある、偉大な人物だよ。ルイス、どうもありがとう。これからの幸運を祈ります!

 

ハグ、フアン

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。


おすすめ: