ユナイテッド

サンチョのタトゥーに込められた意味

月曜日 26 7月 2021 00:39

待ちに待ったジェイドン・サンチョが、正式にマンチェスター・ユナイテッドの選手になった。

21歳のサンチョはEuro 2020決勝まで勝ち上がったイングランド代表のメンバーだったため、ユナイテッドサポーターが彼のプレーを見ることができるのは、まだ少し先になるだろう。

ジェイドンが2021-22シーズンの新ホームシャツ(半袖)に袖を通した時、ファンは彼がボディアートに熱中していることに気づいただろう。

タトゥーは、現代のフットボール選手の間では珍しいものではない。代表とクラブでチームメートになったマーカス・ラッシュフォードは、心臓の上に巨大なライオンをあしらった印象的なデザインのタトゥーを入れている。

ビクトル・リンデロフやアレックス・テレスも目立つタトゥーを入れており、ジェイドンのように特別な意味を持つタトゥーを入れている選手も少なくない。

クラブ加入後に収録された最初のインタビューで、彼にとって最も意味のあるデザインはどれかと尋ねたところ、ジェイドンは左前腕を指した。そこには、家族への哀悼の意が込められていた。

「これは最初に入れたもので、最も意味のあるもの。というのも、僕の弟は幼い頃に亡くなってね。小学生のときに詩を書いて、お葬式で読んだので、これが一番意味のあるものなんだ」

彼が書いた詩の内容は、こうだ。

君と僕はずっと一緒。君は僕たちを幸せにし、喜びを与えてくれた。君は特別な男の子だった。君が大きくなって、僕がフットボール教え、カップを獲得する日を楽しみにしていた。でも、君はもういない。僕はどうしたらいいの? ベイビー・ブラザー、愛しているよ。

「詩の周りには、鳥、天国、天使、蝶、そして姉と弟のイニシャルが描かれている」と、ジェイドンは続けた。

サンチョのユナイテッド移籍が完了 article

ジェイドンが2026年までの契約(1年の延長オプション付き)にサインしたことを発表。

サンチョの左腕が家族への思いを込めたものであるのに対し、右腕はよりカラフルな漫画のキャラクターを集めたもので、今後コレクションを増やす予定だという。

「幼い頃にマンガが好きだったので、こっちの腕は自由にやっているんだ」

「これはまだ完成していないんだ。スパイダーマン、ソニック、シンプソンズ......まだ完成していないから、これからもっと増えるよ」

一日も早く、彼がオールド・トラッフォードで両手を挙げて喜ぶ姿を見たい。

おすすめ: