ユナイテッド

ラッシュフォードが負傷で代表離脱

フットボール協会は、マンチェスター・ユナイテッドのフォワード、マーカス・ラッシュフォードが負傷によりイングランド代表を離れたことを明らかにした。

ラッシュフォードは、UEFAネーションズリーグのアイスランド戦、デンマーク戦を予定しているガレス・サウスゲート監督が率いるスリー・ライオンズに先週招集されたばかりだった。

しかし、痛めている足首の治療に集中すべき時期で、マーカスは同2試合に出場すべきではないと判断された。

ラッシュフォードは8月16日に行われたセビージャとのヨーロッパリーグ準決勝に出場し、87分プレー。2週間前にシーズンを終えたばかりというとこともあり、今は休養と療養が必要な時期だ。

クラブが発表した最新情報は次の通り。「マーカスは、来シーズンのプレミアリーグに向けて軽度の足首の負傷から回復したばかりで、ヨーロッパリーグ後の休暇時期が短いことを考慮した結果、イングランド代表での試合出場は時期尚早と判断した」

ラッシュフォードは、自身のソーシャルメディアアカウントに以下のメッセージを投稿している。

「残念。チームをがっかりさせたくはないけれど、自分にとっては試合開催の時期が早過ぎた。ベストを尽くしたけれど、クラブと代表のためにもシーズンに向けて万全の状態にしないといけない。幸運を願っているよ。自宅から応援させてもらう」

ユナイテッドの2020-21シーズンは、9月19日にオールド・トラッフォードで開催されるクリスタル・パレス戦からスタートする。

代表に招集された2選手

先週クラブと新契約を結んだゴールキーパーのディーン・ヘンダーソンは現在も代表に参加しており、サウスゲート監督の前でアピールしたいところ。

そのほかにもアカデミー出身者のメイソン・グリーンウッドがフル代表に初めて招集されている。

イングランドは9月5日にレイキャビクでアイスランドと、8日にコペンハーゲンでデンマークと対戦する。どちらの試合も無観客で開催される。

ウィリアムズも代表を離脱

ディフェンダーのブランドン・ウィリアムズも、足の怪我のため先日U-21代表を離脱することになった。

エイディ・ブースロイド監督率いるイングランドU-21代表は、欧州選手権予選のコソボ戦とオーストリア戦を戦う予定で、これまでU-20代表でプレーしてきたブランドンにとって今回のU-21招集はステップアップの機会だった。

おすすめ: