リンデロフ

代表戦に参加したレッズたちの最新情報

スウェーデン代表の一員としてUEFAネーションズリーグに出場していたセンターバックのビクトル・リンデロフは、火曜日のフランス戦で負傷し、途中でピッチを退いた。マンチェスター・ユナイテッドは現在、彼のフィットネス具合をモニター中だ。

リンデロフは、今月初旬のチャンピオンズリーグ、対イスタンブール・バシャクシェヒル戦は、背中痛のため欠場したが、3-1でユナイテッドが勝利をおさめたエヴァートン戦には復帰していた。

スウェーデン代表のアシスタントコーチ、ペテル・ウェッテルグレンは、スウェーデンが2-1で勝利した土曜のクロアチア戦のあと、リンデロフが痛みを訴えたと報告している。

今週からトレーニングに戻って現世界王者フランスとの対戦にも先発出場したが、66分にフィリップ・ヘランデルと交代した。この試合に敗れたスウェーデンは、ネーションズリーグのグループBに降格することとなった。


フランス側では、ポール・ポグバはフル出場し、アントニー・マルシャルはベンチ入りしたが出場機会はなかった。

マルシャルは、土曜のポルトガル戦(フランスが1-0で勝利)で背中を痛め、今週は個別でトレーニングしていた。

リンデロフ同様、Aonトレーニング・コンプレックスに戻ったあと、状態をチェックすることになる。

グループA3では、ポルトガル代表のブルーノ・フェルナンデス

はスプリトで行われたクロアチア戦に前半の45分間出場。ポルトガルが3-2で勝利した。

フランス戦では72分間プレーしたフェルナンデスは、ハーフタイムにバルセロナ所属のトリンコンと交代したが、これは戦略上の変更だったと思われる。よって週末のウェストブロム戦には出場可能だ。

ワールドカップ南米予選では、モンテビデオでウルグアイとブラジルが対戦。エディンソン・カバーニは後半戦、エヴァートンのリシャルリソンへのチャージで退場処分となったが、これは当然ながらユナイテッドの週末の試合には影響しない。

アレックス・テレスは、ウルグアイ戦では出場機会はなかったが、コロナウィルス陰性も確認され、週末の試合には出場できる状態だ。

さらなる情報については、試合前日の会見でオーレ・グンナー・スールシャール監督から明かされることだろう。


おすすめ: