ユナイテッド

オーレがスイスでの敗戦を総括

火曜日 14 9月 2021 22:00

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ初戦黒星という結果を残念がった。ただ、2-1でヤングボーイズに敗れたとはいえ、挽回する時間は残されている。

クリスチアーノ・ロナウドのゴールで先制したものの、アーロン・ワン・ビサカが一発退場となって数的不利となり、後半に逆転された。

監督は、レッドカード、10人で戦った状況、この敗戦などについて試合後に語った。

退場者の影響
難しい状況で、勝ち点1を獲得できそうだった。先制できれば、勝てるチャンスがあると思う。しかし、退場者が出たことで影響があった。

アーロンに故意はない
アーロンは、深いところまで触れてしまった。ボールを奪いにいって、そこから先にいってしまった。審判と議論するのは難しいが、彼は相手の足首を狙ったわけではなく、相手の足に乗ってしまった。悪意のあるタックルではない。

陣形を変えた理由
前半の終盤に、相手が陣形を変えて、ウィングバックがクロスを上げていた。上手く対応できていたと思う。ただ、同点に追いつかれたゴールに関しては、対応が少しまずかった。それに、ルークにディフレクトした不運もあった。最後のゴールは、運がなかっただけだ。

ジェシーは立ち直る
フットボールの試合では起こること。良いことも、悪いこともある。大きな瞬間を味わう時もあれば、自分に不利な状況だって経験する。彼なら上手く対応できる。

ヤングボーイズ 2-1 ユナイテッド article

チャンピオンズリーグ初戦は悔しい敗戦に。

残り5試合で穴埋め
勝ち上がるには勝ち点12が必要だ。ホームで勝って、アウェイでも1勝しないといけない。今日は勝つチャンスを逃してしまったが、昨季はPSGとの2試合に勝って、レッドブル(ライプツィヒ)にも勝って、誰もが勝ち上がれると思った。残り5試合で、勝ち点10から12を狙う。

おすすめ: