オーレ

ウルヴズ戦前チーム情報

マンチェスター・ユナイテッドは、これから先、ディフェンダー陣の充実が見込めそうだ。しかし土曜日に行われるエミレーツFAカップ3回戦のウルヴズ戦には残念ながら間に合いそうにない。

MUTVとの独占インタビューでオーレ・グンナー・スールシャール監督は、アクセル・トゥアンゼベはファーストチームに復帰間近な5人のディフェンダーの一人であると明かした。

トゥアンゼベは、カラバオ・カップのコルチェスター・ユナイテッド戦以来、欠場が続いている。しかし、やはり長期離脱しているエリック・バイリー、ティム・フォス・メンサー、ディオゴ・ダロト、マルコス・ロホらと同様、復帰は近い。

「調子を崩している選手が何人かいるが、この時期では普通のことだ。なので、明日になって、誰が調子が良さそうかを見てメンバーは決めたい」

指揮官は、試合前日会見の前にそう話した。

「それ以外では、選手たちは徐々に怪我から復帰している。アクセルももうすぐ復帰できそうだ。ティムとエリックは近々リザーブの試合でプレーできるだろう。

ディオゴはすでに復帰できているし、マルコス・ロホもそう遠くないだろう」

バイリーは月曜、膝の手術後初めてファーストチームとの全体練習に参加した。一方、フォス・メンサーは2017年5月からユナイテッドでプレーしていない。

オランダ代表DFは2シーズン、クリスタル・パレスとフルアムにレンタル移籍していた。その後膝を手術して2019-20シーズンの前半を療養に費やすことになった。

ダロトはクリスマス前に行われた、ACミランのU-19チームとの練習試合に出場。2ヶ月間戦列から離れていたロホも復帰は近い。スールシャールは、10日間でプレミアリーグの4試合をこなした過密日程のあとだけに、ウルヴズ戦ではメンバーをローテーションする可能性を示唆。

「何人かは入れ替えるつもりだ。選手たちを休ませる必要があるからね」と話した。

ポール・ポグバとスコット・マクトミネイは2人とも今後数週間はメンバー外となる。スールシャールにとっては、中盤に新たなオプションが必要となるが、ジェームズ・ガーナーやディラン・レヴィットらの若手は、土曜のウルヴズ戦はやや準備不足だ。

「何人かの若手選手は非常によくやっている。ジミーやディランだ。しかし彼らは怪我や体調不良により、ここしばらくフットボールから離れていた。復帰したばかりで、おそらくジミーは月曜にリザーブゲームでプレーすることになるだろう」

記者会見の席でオーレはポグバの状況についても触れた。「ポールは長期間の療養から復帰し、2試合でプレーした。しかしその後症状がぶり返し、バーンリー戦には帯同できなかった。足首に腫れを感じたからだ。スキャンで検査したところ、同じ場所ではなく、また別の怪我だった。

まずは自分自身のメディカルスタッフに意見を求める。私が怪我をしたときもそうだった。その後優れたセカンドオピニオンが必要だ。おそらく、3から4週間の離脱になるだろう」


FAカップ戦でゴールを守るのは、昨シーズン同様セルヒオ・ロメロであるとスールシャールは明言した。

ロメロは今シーズン、カップ戦9試合のうち7試合でゴールを守り、クリーンシートを5回達成している。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: