click to go to homepage
ゴールを決めたジェシー・リンガード

エヴァートン0-2ユナイテッド

Share With

アントニー・マルシャルとジェシー・リンガードのゴールにより、マンチェスター・ユナイテッドはグディソン・パークで行なわれた2018年初戦、エヴァートン戦に2-0で勝利した。

レスター・シティー、バーンリー、サウサンプトンとのプレミアリーグ戦で続けてドローという結果を残していたユナイテッドは、アウェイで勝利を収め、勝ち点3を獲得している。

ジョゼ・モウリーニョ監督は、前節先発から3選手を変更。アシュリー・ヤング(出場停止)、ロメル・ルカク(負傷)、ヘンリク・ムヒタリアンに代えて、マルコス・ロホ、アンデル・エレーラ、アントニー・マルシャルを先発に起用した。エヴァートンの先発には、元ユナイテッドのモルガン・シュナイデルラン、マイケル・キーン、ウェイン・ルーニーの3選手が顔を並べた。

試合開始から互いに攻める展開となった後、ユナイテッドは徐々にポゼッションをキープ。しかし、肝心のゴール前では仕事を終わらせられず、アンデル・エレーラ、ポール・ポグバ、リンガードがミドルシュートを選択するのみだった。

マルシャルのゴールで先制

前半は両チームともに決定機が少なく、無得点のまま終わったものの、後半開始後にはフアン・マタが強烈なシュートでエヴァートンのGKジョーダン・ピックフォードに襲いかかった。マタの2本目のシュートはポストに嫌われたが、ユナイテッドは後半から厚みのある攻撃を展開。そして、ポグバからのクロスを受けたマルシャルが好機を逃さず、トップコーナーにシュートを決めて先制に成功する。

ホームのエヴァートンは、71分にウマル・ニアッセがヘディングシュートを放ったが枠外。失点後に活性化したエヴァートンの攻撃に対し、ユナイテッドの守備陣は対応に追われた。すると残り9分となってユナイテッドが追加点をマーク。ボールを持ったリンガードがドリブルで運び、ボックスエッジからシュートを決めて2-0。このゴールで勝負を決めたユナイテッドが、2018年初戦を勝利で飾った。

ジョゼ・モウリーニョ監督
試合後にチームのプロフェッショナリズムを称賛

ラインナップ

 エヴァートン:ピックフォード、ホールゲイト、キーン、ウィリアムズ、マルティナ、デイヴィス、シュナイデルラン、ヴラシッチ、ルーニー(62分にマッカーシーと交代)、ボラシー(62分にレノンと交代)、ニアッセ(82分にカルヴァート・ルーウィンと交代)

出場機会の無かったサブ:ロブレス、ジャギエルカ、シグルズソン、ケニー

イエローカード:ルーニー、ホールゲイト

ユナイテッド:デ・ヘア、リンデロフ、ジョーンズ、ロホ、ショー、マティッチ、エレーラ、マタ(90+1分にトゥアンゼベと交代)、ポグバ、リンガード(87分にブリントと交代)、マルシャル(77分にラッシュフォードと交代)

出場機会の無かったサブ:ロメロ、ダルミアン、スモーリング、ムヒタリアン