ユナイテッド

ユナイテッド 1-6 トッテナム

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでジョゼ・モウリーニョのトッテナム・ホットスパーに6-1で大敗を喫した。

劇的な展開はなく、ブルーノ・フェルナンデスのPKで先制後、アントニー・マルシャルが一発退場処分を科された。

スパーズは、失点後にタンギ・エンドンベレ、ソン・フンミンがゴールを決め、開始7分で怒涛の展開に。

28分にマルシャルが退場処分隣、ハーフタイムまでにハリー・ケイン、フンミンが10人になったユナイテッドからゴールを唸った。

後半にもケイン、そしてセルジュ・オーリエにゴールを決められ、無残な結果となった。

前半 - 先制するもマルシャルが退場

あまりにも多くのことが繰り返し続いた前半だった。

開始24秒にマルシャルがペナルティエリア内で倒されたPKを獲得すると、フェルナンデスが決めてPK成功率100%を維持。

だが、スパーズも4分に同点に追いつく。ユナイテッドがクリアーに失敗したボールを見逃さず、エンドンベレに蹴り込まれて1-1になると、その3分後にはケインの速いリスタートからソン・フンミンに逆転ゴールを決められてしまう。

28分には、コーナーキックが蹴られる前にマルシャルとエリク・ラメラの間に小競り合いが見られ、主審のアンソニー・テイラーは前者にレッドカードを与えた。

10人になったユナイテッドに容赦なく襲いかかったスパーズは、マルシャルの退場から2分後にケイン、そしてソン・フンミンもオーリエのクロスからこの日2点目を決めた。

後半 - スパーズの猛攻止まらず

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、後半あたまからネマニャ・マティッチとフェルナンデスを下げてスコット・マクトミネイとフレッジを投入した。

交代出場した2人がインパクトを残す前、勢いに乗ったスパーズは51分にオーリエが追加点をマーク。

67分にドニー・ファン・デ・ベークを投入するも、スパーズが完全にコントロールしていた試合でアピールするのは困難を極めた。

ダビド・デ・ヘアが72分にケインのシュートを止めたが、6分後にポール・ポグバがベン・デイヴィスをペナルティエリア内で倒してしまいPKを献上し、これをケインに決められた。6-1という結果は、ユナイテッドにとって記憶から消し去りたいものになった。

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ、バイリー、マグワイア(キャプテン)、ショー、マティッチ(45分にマクトミネイと交代)、ポグバ、グリーンウッド(67分にファン・デ・ベークと交代)、フェルナンデス(45分にフレッジと交代)、ラッシュフォード、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ヘンダーソン、リンデロフ、リンガード、マタ

得点:フェルナンデス(2分 PK)

イエローカード:バイリー、ショー

退場:マルシャル

トッテナム;ロリス(キャプテン)、オーリエ、ダイアー、サンチェス、レギロン、ホイビュア、シソコ、エンドンベレ(69分にアリと交代)、ラメラ(45分にモウラと交代)、ソン(73分にデイヴィスと交代)、ケイン

出場機会のなかったサブ:ハート、ドハーティ、アルデルヴァイレルト、ウィンクス

得点:エンドンベレ(4分)、ソン(7、37分)、ケイン(30、78分 PK)、オーリエ(51分)

イエローカード:ラメラ

おすすめ: