click to go to homepage
ケイン

ユナイテッド 0-3 トッテナム

マンチェスター・ユナイテッドは、後半に3失点を喫し、2連敗となった。トッテナム・ホットスパーとの一戦は、前半ポジティブなプレーが見られたものの、後半の失点で展開が劇的に変わった。

前半の内容は、チャンスを作れていたユナイテッドに対し、スパーズはなんとか耐えたという印象だった。意気揚々と後半に臨んだユナイテッドだったが、ハリー・ケインとルーカス・モウラに2分間で2ゴールを許し、そこからトーンダウン。残り6分の時点で再びモウラにゴールを決められ、敗戦が確定した。

試合への入り方だけを見れば、ユナイテッドは、ブライトンとの前節に3-2で敗れた試合とは別人のようだった。試合開始から動きは鋭く、決意と自信を持って試合に臨んでいたからだ。

フレッジ
開始11秒にシュートを放ったフレッジ

開幕2連勝でオールド・トラッフォードにやって来たスパーズだったが、試合序盤から攻勢に出たユナイテッドに押し込まれる場面が多く見られる展開に。

ジョゼ・モウリーニョ監督は、スリーバックを採用し、中盤に5人のアタッキングプレーヤーを配置。中盤の守りをネマニャ・マティッチとポール・ポグバが担い、フレッジが前線で自由にプレーするシーンが目立った。

そのフレッジは、開始11秒に右足でシュートを放ったが、ワイドに流れて決まらず。この攻撃で先制できていたら、完璧な立ち上がりになっていただろう。

2回目の決定機は、よりゴールが確実に思えたが瞬間だった。ダニー・ローズの不用意なバックパスを見逃さなかったロメル・ルカクがボールを奪い、GKウーゴ・ロリスをかわしてシュートまで持ち込むも、ボールは枠をとらえられなかった。

試合序盤までにモウラ、アンデル・エレーラ、ケインにイエローカードが出されるほど白熱した展開に発展。

スパーズがリズムを取り戻す前にもルカク、ポグバにチャンスが訪れたが1点が遠い。対するスパーズは、デレ・アリがペナルティエリア内に侵入するも、クリス・スモーリングが見事なタックルでピンチを防ぐ。

ポグバ
速いペースで進んだ前半にチャンスを作ったポグバ

その後クリスティアン・エリクセンがゴール前に危険なクロスを入れたものの、ダビド・デ・ヘアが片手だけで弾き返して阻止。前半ピンチらしい場面はこの時だけで、あとはユナイテッドが押していた。

後半開始直後も、ユナイテッドのインテンシティは衰えていなかった。だが、ゴールネットを揺らせなければ、その代償を支払うことになる。たしかに、ユナイテッドの守備に脆さが見て取れる場面はあった。だが、2分間で2ゴールを許すショッキングな事態になろうとは、誰も想像していなかっただろう。

オールド・トラッフォードでの直近4試合で1点も決められていなかったスパーズは、50分にケインがフィル・ジョーンズとの1対1を制してヘディングシュートでゴールネットを揺らし、試合を動かした。

モウラ
2点目を決めたルーカス・モウラ

その2分後には、エリクセンが右サイドから中央に送ったクロスをモウラに蹴り込まれて2失点。ボディブローのような攻撃を受け続けたユナイテッドだったが、衝撃のKOシーンが訪れるなど予想もしていなかったに違いない。

モウリーニョ監督は、試合を立て直すため、エレーラに代えてアレクシスを投入。57分には足を引きずりながら交代したジョーンズに代えてビクトル・リンデロフ、それからマティッチに代えてマルアン・フェライニを送り込んだ。

嫌な流れは交代出場のリンデロフにも伝染し、65分には不用意なパスをデ・ヘアに出してしまう。この好機を見逃すまいとしたアリが詰めたが、ユナイテッドの守護神が仲間のミスを帳消しに。

アレクシスがチームに勢いを与え、フェライニがフィジカルを生かそうとするもユナイテッドの攻撃は実らず、逆に84分にモウラがリンデロフを抜いて3点目を決め、勝負あり。

すぐにでも忘れ去りたい一戦になってしまったが、モウリーニョ監督は試合後もピッチに残り、チームにとって必要な時に声援を送り続けたファンを称えた。

監督
試合後ホームのファンを称えたジョゼ・モウリーニョ監督

ラインナップ

ユナイテッド:デ・ヘア、バレンシア(キャプテン)、ジョーンズ(57分にリンデロフと交代)、スモーリング、ショー、マティッチ(60分にフェライニと交代)、エレーラ(55分にアレクシスと交代)、フレッジ、ポグバ、リンガード、ルカク

出場機会のなかったサブ:グラント、ヤング、マクトミネイ、ラッシュフォード

イエローカード:エレーラ、バレンシア

スパーズ:ロリス、トリッピアー(76分にオーリエと交代)、アルデルヴァイレルト、ローズ(81分にデイヴィスと交代)、ダイアー、デンベレ、エリクセン、アリ、モウラ、ケイン(89分にウィンクス)

出場機会のなかったサブ:フォルム、サンチェス、ラメラ、ジョレンテ

イエローカード:モウラ、ケイン、ローズ

関連キーワード