ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ウェストハム

オールド・トラッフォードでウェストハムと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、クレイグ・ドーソンのオウンゴールにより、1-0で勝利を収めた。

先月のFAカップでの対戦と同様に、今回の一戦も劇的な形にはならなかったものの、ユナイテッドが勝利。

この日の勝利により、同日の午後シェフィールド・ユナイテッドに5-0で完勝したレスター・シティーを再び抜いてプレミアリーグ2位をキープしている。

今週はACミランとのヨーロッパリーグ・ラウンド16 第2戦、それから週末にはレスター戦とビッグマッチが続く。

前半 - ラッシュフォードとグリーンウッドが決定機に絡む

静かな立ち上がりとなった一戦は、ユナイテッドのパスミスもあり、ウェストハムがその隙をつこうとする展開に。左サイドでは、ルーク・ショーの好パフォーマンスが光った。

ハマーズはチャンスらしいチャンスを作れず、アーロン・クレスウェルが中央にクロスを折り返すくらいで、ゴールキーパーのディーン・ヘンダーソンを慌てさせるまでには至らない。

ユナイテッドが好機を作ったのは25分だった。先週末エティハドでのマンチェスター・シティー戦で足首を負傷しながらも今節復帰したマーカス・ラッシュフォードにチャンス。右のメイソン・グリーンウッドから出されたクロスに反応したものの、シュートは枠をとらえられない。

今度は37分にグリーンウッドが絶好の機会を得る。ヘンダーソンのスローインからブルーノ・フェルナンデスへと繋がり、ラストパスを受けたグリーンウッドが絶妙なタイミングでシュートまで持っていったが、ゴールキーパーのウーカシュ・ファビアンスキのファインセーブに阻まれる。

ラッシュフォードも再びヘディングでゴールに迫ったが決められず、前半はスコアレスのまま終了した。

後半 - オウンゴールで勝ち点獲得

タイトな試合になってしまうかと思われた中、後半の早い時間帯にユナイテッドが試合を動かした。

53分、ダニエル・ジェームズからの低いクロスがラッシュフォードに通ると思われた中、ウェストハムはウラディミール・ツォウファルが懸命に足を伸ばしてクリアー。このプレーで獲得したコーナーキックをフェルナンデスが蹴ると、ドーソンがヘディングで自陣のゴールネットを揺らし、ユナイテッドが1-0とリード。

フェルナンデスの鋭いシュートにより2-0になるかと思われたが、ファビアンスキにまたも阻まれてしまう。

先に失点したことで、デイヴィッド・モイーズ監督も攻めざるを得なくなり、マヌエル・ランシーニとサイード・ベンラーマを投入。攻撃的な2人が加わったことで、ウェストハムはテンポを上げ始める。

64分にはジャロッド・ボウエンのヘディングが見られたが、これはオフサイド。しかし、それまでとウェストハムの戦い方が明らかに変わった。

ウェストハムに押し込まれる時間帯もあった中、77分にはカウンターアタックからグリーンウッド がシュートも、ポストに嫌われる。

攻め続けるウェストハムを相手にリードを守りきり、ユナイテッドが勝利を収めた。

ユナイテッド
無失点に抑えた守備陣を束ねたハリー・マグワイア

試合情報

ユナイテッド:ヘンダーソン、ワン・ビサカ、マグワイア(キャプテン)、リンデロフ、ショー、フレッジ、マクトミネイ、ジェームズ、フェルナンデス、ラッシュフォード、グリーンウッド

出場機会のなかったサブ:グラント、ビショップ、バイリー、テレス、トゥアンゼベ、ウィリアムズ、マティッチ、アマド

得点:ドーソン(53分 オウンゴール)

イエローカード:ワン・ビサカ、マクトミネイ、ラッシュフォード、ジェームズ

ウェストハム:ファビアンスキ;クーファル、ディオプ、ドーソン、クレスウェル、ジョンソン(62分にベンラーマと交代)、ライス、ソウチェク、ノーブル(キャプテン、62分にランシーニと交代)、ボウエン、アントニオ

出場機会のなかったサブ:マーティン、アウヴェス、バルブエナ、トロット、コヴェントリー、オドゥベコ

おすすめ:

関連キーワード