ユナイテッド

ファーストチームスタッフを発表

マンチェスター・ユナイテッドは、オーレ・グンナー・スールシャール監督のスタッフに、新たに2名が加わったことを発表した。

新ストレングス&パワーコーチには、元ユナイテッドDFのマイケル・クレッグが、そしてリードスポーツサイエンティストにはエド・レンが就任。リチャード・ハーティスがシニアGKコーチとしてクラブに復帰した人事に続いての発表となった。

 

監督はプレシーズンでの独占インタビューで「マンチェスター・ユナイテッドとつながりのある人物、元の選手がチームに加わった」と語った。


ユナイテッド
サー・アレックス・ファーガソン時代に在籍したマイケル・クレッグ

「マイク・クレッグとは現役時代に一緒にプレーした間柄で、彼のお父さん(ミック)がクラブに在籍した時代には指導も受けたことがある」

「リチャードとは7、8年の付き合いで、彼との関係性も近い」

「エドもチームに加わった。彼はマンチェスター・ユナイテッドの人間ではいけれど、ユナイテッドと縁が深く、私も一緒に仕事をしたウォーレン・ジョイスと仕事をしてきた人物だ。クラブや私についても理解してくれている。素晴らしい人材だ」

クレッグはTwitterに次のコメントを投稿した。

「愛しているクラブ、世界でベストクラブの一つに戻ってくることができて、光栄。私にとって夢のような仕事だ」

41歳のクレッグは、1996年から2001年までにユナイテッドで16試合に出場。U-21イングランド代表でもプレーした経験がある。以前はサンダーランドでストレングス&コンディショニングコーチを務めた。

レンは以前オーストラリアのメルボルン・シティーで、元ユナイテッドリザーブコーチのジョイスの下、スポーツサイエンス部門のヘッドを担った。また、トッテナムのアカデミーのスタッフも務めた。

おすすめ: