click to go to homepage
事故にあった機体

ユナイテッドの暗黒の日

2月6日は、マンチェスター・ユナイテッドに関係する全ての人々にとって、永遠に忘れられない日である。​

1958年のその日、ユナイテッドはレッドスター・ベオグラードとのチャンピオンズカップの試合を終え、飛行機でマンチェスターへ帰るところだった。給油のためミュンヘン空港へ立ち寄った後、飛行機は離陸を試みるが、悪天候も影響し、2度失敗した。そして3度目の離陸を試みた際、機体は空港のフェンスに直撃し大破したのだった。

 

この事故により、ユナイテッドの選手8人とクラブスタッフ3人を含む、合計23名が命を落とした。犠牲者のほとんどは即死状態だったが、ユナイテッドプレイヤーのダンカン・エドワーズは事故で重傷を負ってから15日後にこの世を去った。

 

ユナイテッドはロジャー・バーン28歳)、エディー・コールマン21歳)、マーク・ジョーンズ24歳)、デイヴィッド・ペッグ22歳)、トミー・テイラー26歳)、ジェフ・ベント25歳)、リアム・ウェラン22歳)、ダンカン・エドワーズ21歳)の8選手と、クラブ秘書のウォルター・クリックマー、トレーナーのトム・カリー、そしてコーチのバート・ウェイリーを失った。

 

さらに、アルフ・クラークトム・ジャクソンドン・デイヴィスジョージ・フェローズアーチー・レッドブルックエリック・トンプソンヘンリー・ローズフランク・スウィフト(マンチェスター・シティーの元選手)という8人のジャーナリスト、副操縦士のケン・レイメント、サー・マットの友人ウィリー・サティノフ、旅行代理店添乗員のベラ・ミクロス、客室乗務員のトム・ケーブルも命を落とした。

 

この悲劇はユナイテッドの歴史において決して忘れ去られることはないが、事故でケガを負いながら、その後チームを立て直し、1968年にユナイテッドを欧州王者に導いたサー・マット・バスビー監督の勇気も永遠に人々の心に刻み込まれることだろう。

 

犠牲者の方々に哀悼の意を表します。