ミュンヘン

永遠に忘れない

2月6日は、マンチェスター・ユナイテッドに関係する全ての人々にとって、永遠に忘れられない日である。​

1958年のその日は、ユナイテッドの歴史において最も暗黒の日である。ミュンヘンで起きた飛行機事故で、選手8人、クラブスタッフ3人を含む23人が命を落としたのだ。

ユナイテッドはレッドスター・ベオグラードとのチャンピオンズカップの試合を終え、空路でマンチェスターへ帰るところだった。給油のためミュンヘン空港へ立ち寄ったあと、飛行機は離陸を試みるが、悪天候も影響し、2度失敗した。そして3度目の離陸で、機体は空港のフェンスに直撃し大破したのだった。

絶命した選手は、ロジャー・バーン28歳)、エディー・コールマン21歳)、マーク・ジョーンズ24歳)、デイヴィッド・ペッグ22歳)、トミー・テイラー26歳)、ジェフ・ベント25歳)、リアム・ウェラン22歳)、ダンカン・エドワーズ21歳)の8人。当時、最も注目されていた若手選手のエドワーズは、事故で重傷を負ってから15日後にこの世を去った。

そしてクラブスタッフ3人は、クラブ秘書のウォルター・クリックマー、トレーナーのトム・カリー、そしてコーチのバート・ウェイリー

さらに、アルフ・クラークトム・ジャクソンドン・デイヴィスジョージ・フォローズアーチー・レッドブルックエリック・トンプソンヘンリー・ローズフランク・スウィフト(マンチェスター・シティーの元選手)の8人のジャーナリストも命を落とした。

この悲劇はユナイテッドの歴史において決して忘れ去られることはないが、事故で怪我を負いながらもその後チームを立て直し、アシスタントのジミー・マーフィーととともに、10年後の1968年、ユナイテッドを欧州王者に導いたサー・マット・バスビーの勇気も、永遠に人々の心に刻み込まれていることだろう。

私たちは、永遠に忘れない

 

オールド・トラッフォードで式典

2月6日(水)、スタジアム前の広場にて、慰霊祭が執り行われる。クラブスタッフとともにサポーターもミュンヘン記念時計前に集い、祈りを捧げる。

式典は、サポーター有志によって立ち上げられたmunich58.co.ukのサイト上で企画され、ジョン・ボイヤー牧師の主導のもと、詩の朗読や黙祷、犠牲者を偲ぶアンセム『フラワーズ・オブ・マンチェスター』の演奏が行われる。

ミュンヘン時計

式典は現地時間14:40に開始の予定。