マティッチ

マティッチ「自信は揺らがない」

木曜日 04 3月 2021 01:09

ここ最近の試合ではノーゴールが続いているが、ネマニャ・マティッチは、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちの自信が揺らぐようなことはないと主張した。

クリスタル・パレス戦を0-0で終えたレッズは、先週のレアル・ソシエダ戦、チェルシー戦に続き、3試合連続でゴールレスドローを喫することとなった。

しかしマティッチは、今シーズンはどのチームも良い時と悪い時の波があり、無得点が続いていることにはなんの不安もないと強調した。

「マンチェスター・ユナイテッドでプレーしている限り、自信があるかどうかは疑う余地もない」パレス戦の後、報道陣にそう話したマティッチ。


「どの試合にも自信を持って挑んでいる。世界でもっともビッグなクラブのひとつで戦っているんだ。俺たちはそのためにここにいる。自分たちには十分なクオリティーがあるし、それをピッチの上で発揮しなくてはならないという自覚をもっている」

1試合で9ゴールをあげていた先月から一転、無得点が続いていることに関しては「説明をつけるのは難しい。けれど、もっとうまくやれたことは確かだ。もっとチャンスが作れたはずだし、敵陣に攻め込んだときは、相手のゴール前でもっとリスクを犯すべきだった」とマティッチは振り返った。

「クリスタル・パレスはバックラインが堅い。中盤の選手たちも下がり気味で厚みがあるから、そこを突破するのは容易じゃない」

「その部分に関しては彼らがうまかったと認めるよ。でも自分たちが何をすべきかはわかっている。攻撃ではもっとうまく立ち回れるはずだし、今日のような試合には勝たなくちゃならなかった」


攻撃面で不発だったことを悔やむ一方で、守備面では、ふたたびクリーンシートを守ってアウェー戦での無敗記録を継続している。このことについては満足しているとマティッチは話した。

「チーム全体、11人でしっかり守ることができていた。ポジティブな点もあった。失点をせずに勝ち点1をとれたんだからね」

「シーズンの間には、大量得点をあげられる時期もあれば、失点が続く時期もある。そこで大事なのは次の試合でバリアを打ち破ることだ」

「今はしっかり次の試合に集中することだ。みんなも知っての通り、次戦の相手はマンチェスター・シティーだからね。ビッグマッチだし、俺たちにとっては大きな挑戦だ。自分たちの立ち位置を示すためにも、勝ち点3を獲りたい」

おすすめ: