ディアロ

アマドがAonトレーニング・コンプレックスに参上

マンチェスター・ユナイテッドに加入したアマド・ディアロが初めてAonコンプレックスを訪れた。

コートジボワール人ウィンガーとの契約は、昨年10月に合意に達していたが、先週アタランタからの移籍が正式に発表された。

アマドとの契約は、1年の延長オプション付きの2025年6月までだ。

マンチェスター入りするにはビザの認可が必要だったが、晴れてすべての手続きが整い、若きウィンガーはAonトレーニング・コンプレックスに一歩を踏み出した。

アマドは背番号19を背負うことになる。かつてドワイト・ヨークやマーカス・ラッシュフォードもつけていた番号だ。

契約完了を伝える声明の中でオーレ・グンナー・スールシャール監督は、将来性ある若手タレントへの期待をこめた。

「アマドに関しては、クラブとしても何年も関心を持っていた。私自身も彼のプレーを見ていた。彼は最もエキサイティングな選手の一人だ」

「マンチェスター·ユナイテッドには、若い選手を育てることに関して誇れる歴史がある。アマドのポテンシャルを最大限に生かすための全てが揃っている」

未知の国で、新たなクラブに入団するというのは容易いことではないが、アマドの前には彼に手を差し伸べる仲間たちが列をなしている。

ユナイテッドは家族的なクラブだ。エリック・バイリーもさっそく協力を買って出ている。

「アマドのことは知っているよ。彼とは話をするし、若くて才能がある選手。でも、新選手に関しては落ち着いて対応することが大事だ。彼は素晴らしいプレーをしてくれるだろうけれど、落ち着いて対応しないといけない」

「彼の力になりたい。僕は誰の力にでもなりたいんだ。それは大事なことで、僕がクラブに加入したとき、経験豊富な選手が力になってくれた。(ウェイン)ルーニー、イブラ(ズラタン·イブラヒモヴィッチ)、アントニオ·バレンシアらに助けてもらった。だから、若い選手がチームに加わったら、力になってあげることが大事だよ

おすすめ: