ユナイテッド

イガロ「ファンの皆は素晴らしい」

3-0で勝利したダービー・カウンティとのエミレーツFAカップ5回戦で2ゴールの活躍を見せたオディオン・イガロが、マンチェスター・ユナイテッドのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

イガロは、ゴール前でのポテンシャルを発揮し、FAカップ準々決勝進出に貢献。

試合後にクラブ公式アプリで実施された投票の結果、全体の61%から支持を集めてマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

試合後インタビューに応じたイガロは試合を振り返り、開始から20分はスローペースだったが、徐々にギアが上がり始めたと語った。

「2ゴールを決められて嬉しい。でも、何よりチームがハードワークした。試合の入り方は良くなかったけれどね」

「20分から25分くらい経過して徐々に試合に入れるようになって、良くなった。それでゴールが生まれた。勝ち上がれたことが何よりも大事だから、嬉しいよ」

ユナイテッドファンは、試合を通してイガロに声援を送った。サポーターの反応に、彼も感謝している。

「今日だけではなくて、ファンの皆はいつだって素晴らしい。僕がチームに来てから、ファンの皆から声をかけてもらえている」

「僕に対してだけではなくて、チームへの声援に感謝したい。自分たちのレベルに達していない試合をしても応援してくれるし、勝利に導いてくれようとしてくれる」

「とても嬉しいし、ありがたい。日曜のビッグゲームでも応援してもらいたい。またチームが勝てるように、声援を送ろう」

1月に期限付き移籍で加入したイガロは、これまでに2試合で先発出場し、3ゴールを決めている。オーレ・グンナー・スールシャール監督もその能力を評価。ダービー戦後には、3点目のチャンスを生かすべきだったと、激励の言葉を交えて称えた。

「3点目も決めるべきだったね! ストライカーには、満足した上で次の試合に臨んでもらいたいと思うもので、日曜に大事な試合が待っている」

「アントニー(マルシャル)は、ケガの影響で最近少し苦しんでいるので、オディオンがいてくれるのは助かる。彼は異なるタイプのストライカーだ」

「今日の1点目は足元のボールを決めたもので、多くのストライカーにとって難しい類のプレーだった」

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: