ユナイテッド

トップ4との差を縮めるチャンス

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッドがトップ4に浮上するには、今後の試合で安定感が重要になると考えている。

現時点で、ユナイテッドはプレミアリーグ4位のマンチェスター・シティーを勝ち点9差で追っている。しかしオーレは、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得られる順位への浮上が可能と考えている。

ユナイテッドは、今回のインターナショナルブレーク前の6試合で5試合で勝利を収めた。

今週末のシェフィールド・ユナイテッド戦でも内容の良いパフォーマンスを披露できれば、上位との差を縮められるとオーレは考えている。

オーレは「トップ4との差は明らかだ」と、定例会見で語った。

「多くのチームが、勝ち点3か4差にひしめきあっている。これからは安定感、勝ち点の獲得が重要になる」

「前回のインターナショナルブレーク後、結果、パフォーマンス的には流れを変えられた。それでも混戦なので、今節でも良いパフォーマンス、そして良い結果が必要になる」

12月にはトッテナム、シティーとの試合を含め、9試合をこなす。これから順位を上げるためにも、重要な1ヶ月になる。

つまり、トップ4を争うライバルとの試合に勝てれば、それだけ差を縮められるということ。

「まだまだ上の順位を目指さないといけない」と、オーレ。「トップ4との差は、近いようで遠い。来月はシティー戦があるので、差を縮めるチャンスだ」

「負傷者も戻ってくるので、チームもレベルアップする。年内に向けてチャレンジしたい」

「マーカス(ラッシュフォード)も今週に話していたのを見た。トップ4が全てではないが、我々の目標でもあることだ」

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: