ポグバ

ポグバのポジション変更を示唆

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、今後MFのポール・ポグバの起用法を変える可能性があることを示唆した。

ポグバは、インターナショナルブレーク中にフランス代表としてモロッコ、アイスランドとの試合に出場し、良いプレーを見せた。

オーレは、2-1でマンチェスター・ユナイテッドがワトフォードに勝利して勝ち点3を獲得し、再びトップ4に浮上した試合後、ポグバが代表での疲れが残っていた一人だったと感じていた。

ポグバは、代表ではクラブより後方でプレーしている。監督は、ポグバをよりプレーに絡ませるため、代表での起用法もオプションの一つと見ている。

もちろん、彼は左でも、10番のポジションでも大きな違いを生み出せる選手ではある。

オーレは、ワトフォード戦後の会見で「ポールは我々にとって大事な選手だ」と語った。「今日はボールをキープできなかった。先ほども話した通り、ポゼッションはおそらく50-50だったと思うが、ホームでは少し残念な数字だ」

「ポールはフランス代表で2試合に出場した。彼は代表で、より後方でプレーしている。彼を今よりも試合に関与させるため、我々もその選択肢を考えるべきかもしれない。クラブでも、彼に試合のテンポを彼に決めさせるべきかもしれない」

「ポールは、どちらの形でもやれるので、試合によって変えることではある。彼は攻撃も、守備もできるのでね」

おすすめ:

  • ユナイテッド 2-1 ワトフォード article

    マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャルがゴールを決め、オーレ正式監督就任後の初戦に勝利。

  • ワトフォード戦を総括 article

    オーレ・グンナー・スールシャール監督がオールド・トラッフォードで勝利した一戦を振り返った。